百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

【グッズ】 桜Trick ミストグラフ

 DSCF0792.jpg

桜Trickのミストグラフが届きました。話に聞く通り、高画質高精細。
印刷は問題無いとして、額縁は中国製な為、もっと良い物に交換したい所。
室内光下において30年劣化しないらしいですが、油断は禁物でしょう。UVカットには気を払いたい。

お互いを見つめる表情の可愛らしさはもちろんの事、肌の柔らかそうな感じも良いです。
水に濡れていながらも、下着の存在を感じさせないのがまた良い。
そういう目線では無く、純粋に二人の少女が互いを想いあっているのが伝わって来ます。

特有の立体感があり、二人を見守っていると今にも動き出してしまいそうな錯覚を覚えます。
塗りの諧調も細やかで、影付けも丁寧で素晴らしい色彩です。

買うかどうかギリギリまで考えて迷っていたのですが、購入して良かったと思います。
独特の立体感の正体が見破れなかったので、少々調べてみる事にしました。
最初は構図と色遣いでそれを描出しているのかと凝視してみたのですが、骨を折っただけでした。

インクをミスト(霧)で吹き付ける様にして印刷されているそうです。
“水彩画とシルクスクリーンを融合させたような表現力”と謳われています。

“シルクスクリーン”とは以下の様にして、インクに厚みを持たせ、立体的に印刷する技法です。
yubi_jigyo_silk_12.gif

今回は“ミストグラフ”故、霧を吹き付ける形であってこれとは異なりますが、
原理としては同じ事で、如何にして厚みを持たせるかという事でしょう。

コンピューター制御の進歩によって、印刷は新しい時代を迎えている事が実感出来ます。

S0050780a.jpg  
[タグ] 新作関連
  1. 2014/12/21(日) 04:30:26|
  2. 新作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アニメ】 マリア様がみてる Complete Blu-ray BOX

S0310756.jpg

マリみてBD-BOXが届きました。年末は初心に戻り、マリみてを視て過ごそうか。


25日追記:

以下に優れたレビューがある為、そちらを参照する様に。
http://www.ragemax.com/2014/12/maria-watches-over-us-bdbox-2.html

私より、撮影環境、機材、BDキャプチャ(特にこれが難しい!)と、これら全てにおいて上回っている。



以下は20日に書いたもの。

上の写真は見切れているのでは無く、元からそのようになっている。
その演出意図は口にするまでも無いだろう。

“ハイエンドアップコンバート”なるものの画質も悪くないらしい。年表が地味に嬉しい。
装丁の箔押しも良い、合計で2kgくらいあって重みを感じる。
ディスクがキチンと収納されず、浮いていたり外れていたりする物もあるので、注意したい。

当然ではあるが、画集には原画や仕上げの担当者の名前が付せられている為、
アニメーターに興味がある場合は非常に助かる。

サントラを含め単巻で購入した場合、15万円前後はする為、
実売3万4千というのは破格と言って良い。
また、四期のサントラは初CD化であり、新規のコメンタリーも二話分付いている。

イベントに関してだが、来年の3/29(日)によみうりホールで開催される。
収容人数は最大1100人、対してこのBOXの売り上げは3000前後だろうから、
単純に考えて倍率は三分の一。
初週の売り上げは2.650枚だそうだ。

シリアルで応募する際には、アニメイトTVの会員登録が必須になっている。以下は受付URL。
http://www.animate.tv/event/details.php?id=ai0zm7mw

とりあえず、このページの右上に“新規登録”がある為、未登録の方はまずそこから。

この売り上げと勢いのまま、最後までアニメ化して頂きたいが、それは贅沢な願いだろうか。

百合だと知りながら手に取った最初の作品が、マリア様がみてる(原作)だった為、想い入れは強い。
このBDを手にして、マリみて熱が再燃しつつある。

S0140738.jpg

S0100734.jpg
S0380765.jpg
S0400767.jpg
S0160740.jpg
S0340760.jpg


25日追記:

BDキャプチャの環境が用意出来ない為、デジカメで撮影。上がBD、下がDVD。
モアレが発生しているのは、当方の撮影技術の低さとデジカメの性能の為。本来は存在しない。

S0050818.jpgS0130828.jpg
[タグ] 新作関連
  1. 2014/12/20(土) 21:41:20|
  2. 新作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白衣性愛情依存症 -白愛-

6/5 追記:

みやざー氏のツイートで気になる所が。



ちょっと未来に希望が持てた。頑張るで~”

なんとか来年の今くらいまでには。。。

次の作品が出るまでに、フォロワー1万人にしてみたいな。あと1200人かー。。。

でも正直、白愛の次のプレッシャー半端ないです。もっとキラ☆ふわか。。。

頑張りますー。そもそも、次はもう白衣ではないかもですけどね(ネタ切れ


これは次回作確定ですね。
採算ラインに到達しているのでしょう。あるいは、次で十分に回収するのか。


勿論、PC版もVITA版も買いますよ。
その時には、設定資料とかも出して頂けると助かりますね。

個人的には、白愛の完全版的なものを出して、
各人物を掘り下げるとか、隙間を埋めるかして
もっと世界に浸れるれるようになっている事を期待します。


ものすごくピンポイントで言うと、あすかとなおの七日間が見たい所。
あすかが骨抜きにされてクラゲになっていく過程、
人形のようだったなおちゃんが、今のスウィート・シスターになって行くそれが見たくてしょうがない。


5/19 追記:

本編を再プレイし、論点を整理しました。多少は見れるものになっているでしょう。

白衣性愛情依存症 簡易考察 (草稿)


5/18 追記:

先日の考察について。

前日談であるSS、伏線や前振りだと思っていたのですが、
もう一度ラスト付近をプレイしてみると、余計な推察は不要だったようです。

何か疲れたので、設定資料か何かが出て、
解説されるのを待ってみたいと思います。


5/17 追記:

なおについて考察してみました。こちらもしばらくは草稿のまま。
ネタバレありな為、ご注意を。

白衣性愛情依存症 簡易考察 (草稿)


5/14 追記:

まだ十分ではないのですが、レビューを上げておきます。

白衣性愛情依存症 詳細レビュー (草稿)


5/9 追記:


まだプレイ途中ですが、一言。

\ 完 全 版 希 望 /

今回、みやざー氏はそういったものを出すつもりはない、と仰られておりました。
しかしそこは、“Re:Therapy”以外の副題を付け、ファンからの熱い声援に応えて、という事で。

そういえば、このシナリオ分量なら、仮にアニメ化するにしても、
ワンクール+OVAで素描するくらいは出来そうです。
共通ルートの比重を原作より多めにして、各ルートをOVAで三話ずつかけて回収とかどうでしょう。

アニメ化 → 宣伝効果で原作の売り上げ倍増 → 完全版

みたいな感じで。アニメ関係者各位は、アニメプロデューサーに掛けあって欲しい所。
「桜Trick」における坂井久太女史(キャラクターデザイン・作画監督)のように。

百合アニメの売り上げを不安視する声に対しては、以下の事例を思い出して頂きたい。

「帰宅部活動記録」という、百合描写多めの作品があるのですが、
これの売り上げは一巻あたり千枚を切っていました。
しかし出荷されたのは、第一巻だけで八千枚ほどだったと原作者の方が
仰られていました。いわゆる爆死アニメでも案外、元は取れているらしいです。
少し宣伝しておきますと、帰宅部はかなりお薦めです。ギャグのキレが最高。

http://azrs968.blog.fc2.com/blog-entry-89.html(帰宅部原作者、くろは氏のブログ)

閑話休題。

さて、進み具合ですが、なおルートとさくやルート完了。いつきルートプレイ中。

二度目の病院実習の一件で丸一日沈んでたり、なおちゃんの事を考えてみたりと、
気持ちに整理をつけながらプレイしているので、中々進める事が出来ずにいます。

とりあえずここまででざっとまとめておきます。詳細レビューはもう少し先になります。
問題点はいくつかありますが、全体としては、優れた作品である事は確かです。

一、前作以上に入念に伏線が張られている

二、前作同様にミスリードの誘い方も上手い

三、回想の使い所や、その際のスクリプト(効果・音響)の使い方が向上している

、シナリオの分量が若干少なく、人物に対する感情移入が浅い

視点が過去に向き過ぎていて、感情移入がいくらか阻害されている

、設定(能力)に頼り過ぎた展開、加えて、能力の説明が不足している

看護学校が舞台である必要も無く、監修を付ける程の描写も無い

八、稀にセーブタイトルで先が分かってしまう

九、公式SSと後日談は割と重要

十、前作以上に尖った所もあるが、全体としてはマイルドな方向に


5/4 追記:

ただ今中盤に差し掛かった所で、ここまで約八時間。

伏線を張っているのが
時々見えますし、ミスリードを誘ったりもしていて、
結末が気になります。プレイヤーを物語の世界に上手に招待してくれています。

文章も切り詰められ、意味が明快、リズム感の良い軽めの文体。

音楽の使い所に違和感を感じる所などはありますが、大きな欠点は見当たらない。

シナリオ的にはここからが正念場だと思われます。
将棋やチェスで言えば、無難に序盤を終えて、自由に駒を動かせる中盤戦。
ここからは何が起こるか分からない。しかし期待感は十分にあります。

それと、既に攻略を挙げられた方がおられるそうです。

http://seiya-saiga.com/game/galge/vita/hakuai.html


4/30 追記:

これからプレイする方に一言注意を。
Vitaの設定によっては、オープニング中に省電力機能が働いて画面が暗くなります。
この際にアナログスティックを動かせば、オープニングが飛ばされる事はありません。

さて、本題に移ります。

遂に届きました、サイン入りです。
白恋の際にはサイン無しにしてしまったのが、今となっては惜しい事をしたと思います。

まだプロローグを終えたばかりですが、伏線も見えますし、
絵作りにも演出的な意図が伝わって来ます。
インターフェース(システム)は優れていて、ピアノ曲は明るい感じです。

具体的に挙げるなら、“豆知識”は△ボタン一つで見れますし、
四行以内(120文字)にまとめていて分量も適切。
用語数は86語のみで、こちらも丁度良いくらいでしょう。

特典の小冊子(後日談ショートスト-リー)はおよそ80ページと、中々の分量です。サウンドトラックは13曲。

詳細レビューは二週間後に上げる予定です。

集中してプレイしたいので、しばらくは更新出来ないかも知れません。
何せ五ヶ月以上待っていた作品ですからね。それでは失礼致します。

S0093076.jpgS0113079.jpgS0123080.jpgS0133081.jpgS0143082.jpgS0023124.jpg


4/29
追記:

二次出荷分の予約が始まりました。

http://omnishop.kogado.com/item.php?id=645&ct=1&kw=
(工画堂スタジオ公式通販サイトOMNISHOP)

特典1「スペシャルショートストーリーブックレット」
特典2「サウンドトラックCD」
特典3「マルチステッカー」



4/23 
追記二:

カウントダウンが始まっています。

OMNIショップでの予約は、一次出荷分は埋まったみたいなので、
まだ予約されていない方は、予定されている二次出荷分を待つのも良いでしょう。

カウントダウン7日前制服


4/23 
追記一:

以前に宣言した通り、白愛の為にVitaを購入しました。

Vita用の白愛カスタムテーマ、無料なのは29日までです。
VitaからPS Storeにアクセスして、“白衣性”で検索すれば直ぐに見つかります。


S0123063_20150423223340a55.jpg
S0133064.jpg


4/20
追記:

アニメイトオンラインショップ
にて
「白衣性愛情依存症 ショートストーリー集 Shooting Star's Short」が購入出来ます。

(
4/29 追記:ただ今売り切れのようです、未購入の方は再販を待ちましょう)

http://omnishop.kogado.com/item.php?id=652&ct=2&kw=


(5/14 追記:オムニショップでも取り扱い始めたようです)


4/5
追記:

特設サイトにて、ショートストーリーが公開されています。
挿絵付きという事に、力の入れようが伺えます。

http://www.gamer.ne.jp/gp/hakuai/shortstory/


3/23
追記三:

前作『白衣性恋愛症候群RE:Therapy』が、PlayStation Storeで配信開始だそうです。
VITA TVに対応しているのが良いですね。

http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0168npjh00140_00shirokoire000001.html



3/23
追記二:

LINEスタンプの配信が始まっているそうです。

こうして病み気味のなぎさ先輩を改めて見ると、
“ショートカットの娘には不幸が似合う”と言った、黒星紅白氏の言葉の意味が解かります。
(出典はシゴフミのBD-BOX付属の特典冊子、ちなみに四話は百合回)


http://www.famitsu.com/news/201503/12073662.html



l_54ffc13f5da73.jpg

3/23
追記一:

VITA用のカスタムテーマ(いわゆる待ち受け画像)が、
4月29日までは無料配信中だそうです。

それと、店頭ポスターに付いているQRコードを読み取ると、
限定ムービーが見れるとありますね。

http://www.4gamer.net/games/287/G028703/20150317026/



3/3
追記四:

マスターアップおめでとうございます!

そろそろPS Vitaを購入しようかと思います。
白愛が私にとってのキラー(☆不和)タイトルです。

マスターアップ0302

http://hakuai.kogado.com/


3/3
追記三:

こうしたオマージュも、一種の記号用法と言えます。
ほとんど同じ構図を使用しながらも、意味が違うのがポイントです。
白愛ではどうなるかはまだ分かりませんが。

未プレイの方の為にぼかして言うと、一枚目と二枚目のどちらか一方が直球で、
他方が変化球となっております。シナリオの内容的に。

レビューを挙げたばかりですが、ソルフェージュは
La finaleの最後までプレイしないと
魅力が半減してしまいますので、Sweet harmonyまでの方は是非プレイしてみて下さい。


ソルフェージュ〜La finale〜より かぐら×ちほ
ソルフェージュ

白衣性恋愛症候群より かおり×なぎさ
白恋

白衣性愛情依存症より あすか×なお
白愛

http://hakuai.kogado.com/blog/539/

S0150998.jpg
↑は「Evergreen Solfege Memorialbook」より
椋本さんの絵の塗り、髪の艶が本当に綺麗に出ています。

ちほちゃんは本当に良い娘なんですよ。専用歌の歌詞もかぐらへの想いに
溢れていて、それを明るく優しく伊月さんが歌い上げているという。
ちなみにサウンドトラックもまだ手に入ります。
OMNISHOPで白愛と一緒に買うという手も。


3/3
追記二:

昨日PVが公開となりました。印象的なのは、何と言っても火事ですね。
“助けられなかった命”というのも気になります。

余程注意深く考察しない限り、ネタバレにはならないでしょう。
これまでの声優さんのインタビューや、諸々の公開情報と併せて結末を推理
したツワモノも既にいるかも知れません。

http://hakuai.kogado.com/special/


3/3 追記一:

店舗特典が出揃いました。私はオムニショップで購入する事に決めました。
利益率の観点から言っても、公式通販が一番でしょう。

確か前作の
ショートストーリーは、高校時代のなぎさ先輩が看護師を目指す理由等が
描かれていた為、知っていると本編をより楽しめました。
前作サントラは録音の質も充分に良かったです。(ピュアオーディオ的に)

http://omnishop.kogado.com/item.php?id=645&ct=1&kw=
(工画堂スタジオ公式通販サイトOMNISHOP)

特典1「スペシャルショートストーリーブックレット」
特典2「サウンドトラックCD」
特典3「マルチステッカー」

hakuai_hanke.jpg

アニメイト限定 描き下ろし大判ブロマイド
hakuai_han.jpg

http://hakuai.kogado.com/privilege/


2/24
追記:

店舗特典が一部ですが公表となりました。

どこで購入するか迷いますね、布モノは発色が素材によって異なりますので、
抱き枕カバーみたいに画像の通りには行きませんし、データだけだと物足りない気がします。
テレホンカードは小さいですが、スキャナーで取り込んで拡大すれば良いし、
持ち運ぶ事も出来る。
プレイ前の段階では何とも言えませんが、何より大事なのはカップリングですね。
値引き後の価格も気になりますし、店によっては送料も掛かる。

後にファンブックに全て収録される事を願いつつ、
送料の観点から今の所、Amazonさんに狙いを定めたいと思います。

Amazon.co.jp 描き下ろしPC壁紙
hakui_001_cs1w1_348x250.jpg

いまじん/いまじんWEBショップ 描き下ろし大型 布ポスター
hakui_002_cs1w1_250x354.jpg

ソフマップ 描き下ろしテレホンカード
hakui_003_cs1w1_250x351.jpg

http://hakuai.kogado.com/privilege/


2/21
追記:

既にデバッグに取り掛かっているそうです。

この速度なら来月にはディスクのプレス発注等を終え、
再来月の頭には一通りの準備が完了している頃でしょうか。


http://hakuai.kogado.com/blog/449/


2/8 追記五:

ロケ地が公開されていますね。以下の画像一枚目は
白愛ブログには無いものですが、聖蹟桜ヶ丘駅だという事が判ります。

http://hakuai.kogado.com/blog/402/

聖蹟桜ヶ丘 - Google マップ - 【天沢聖司はストーカー!?】耳をすませばのトリビア - NAVER まとめ_1423297582899

DSC_0505.jpg
↑こちらの方はみやざー氏でしょうか??


2/8 追記四:

今回は自社開発だけでなく、自社発売という事で、制作以外にもすべき事があって大変だそうです。
と言っても、本日のみやざー氏のツイートにて、開発は順調であると述べられています。

工画堂はコンシューマーゲームでの発売や広報は、「白愛」が初めてだそうですが、
何はともあれ順調そうで何よりです。

http://hakuai.kogado.com/blog/387/

http://hakuai.kogado.com/blog/344/


2/8 追記三:

http://hakuai.kogado.com/blog/382/

なんと、去年のGLFes11(3/2)から広告に仕込んでいたとは。
残念ながら私も全く気が付きませんでした。遅ればせながら、
私は今頃になって「ソルフェージュ」をプレイ中なので、少々感慨深いモノがあります。

みやざー氏曰く、“また何か、仕込んでいきますからね!!”との事ですので、
これからも工画堂から目が離せませんね。

20150203.jpg (JPEG 画像, 600x834 px)_1423371239571


2/8 追記二:

http://hakuai.kogado.com/blog/372/

台本の量が凄いですね。ページ数が異なるのは、担当部分とその前後を抜き出しているからだそうです。
一本道のアニメ等とは違い、各ルートがあって構造が異なる為、色々と大変そうです。

本作には無関係ですが、
高垣彩陽さんは、他の人の箇所までも赤ペンを入れてチェックしていたという逸話があります。
百合関係だと「ささめきこと」の純夏、「シンフォギア」のクリス、あとは少々マイナーですが、
「Venus Versus Virus」
のルチア(高垣さんの初主演)等。

・あすか 1599ページ+α
・なお  1438ページ+α
・いつき 1049ページ+α
・さくや 987ページ+α
・かえで 714ページ+α

白愛台本3

2/8 追記一:

“スーパーミクロシスターズ”って、“スーパーマリ○ブラザーズ”みたいですね。
ソルフェージュのゲームパートにおける、SDアニメを担当していた高沼美雪さんの発案だそうです。
あすかのちょっと強気な表情が微笑ましいです。人体内部が苦手な方には少々厳しい所でしょう。

http://hakuai.kogado.com/blog/363/

寄稿元絵


1/29 追記:

以下の他、多くのサイト上で新規情報が公開されています。

http://dengekionline.com/elem/000/000/996/996847/



1/28 追記:

ファミ通
フラゲ情報より。以下、一部敬称略。

・大幸あすか (浅倉杏美)
・大幸なお (加隈亜衣) ※「白恋」ではクラリスちゃんを担当
・武田さくや (田村ゆかり)
・天藤いつき (原由実) ※「白恋」では闇之内さ、ゴホンッ!、山之内さんを担当
・大原かえで (今井麻美)
※「白恋」では堺さゆりを担当

だそうです。五人中三人がいわゆるアイマス声優。

先日に発表された作曲担当の方が二人もいらっしゃるので、
是非、全員分のエンディング曲も作曲して頂きたい所ですね。

バッドエンドが凄いらしいですが、前作同様、グッドエンドに注力して頂きたい所です。

発売日:4/30
価格:パッケージ版/税込6264円 DL版/税込5184円


1/27 追記:


http://hakuai.kogado.com/blog/311/

今回はBGMの担当が二人なんですね。
曲数に余裕があると演出上かなり有利ですから、期待が膨らみます。

重要なシーンを強く印象付けたり、キャラのイメージを象徴したり、
作品全体の雰囲気を決定付けたりと、役割は様々です。
使い回しばかりだと、時間をかけて練った場面も凡庸になりがちです。

サウンドトラックは特典として付けるのか、個別に販売するのか、その辺りも気になります。


1/21 追記:

キャスト当てのクイズが二日前から始まっていますね。
ツイッターの方では既に答えが出回っているそうです。

当方の環境だと、firefoxでもexplorerでも何故か再生できないという。
(色々と手を打ったが駄目でした)

それはさておき、向坂氏のデビュー前の短編小説が公開されています。
コメントから察するに、氏の年齢は30~40程でしょうか。
携帯電話の普及は2000年あたりが凄かった記憶があります。

こちらの小説ざっと読みましたが、陰が強めで白愛のBADエンドが面白くなりそうな気がします。

『シゴフミ』というアニメをちょっと思い出しました。こちらは2008年の作品なので、
向坂氏の小説よりもだいぶ後ですが、“猫”と“死”と“島”は全てシゴフミでもあった要素なので。

シゴフミ四話は百合回ですので、BD-BOXをお勧めしたいです。
陰影の濃い作風は、色々と刺さるものがありました。
とは言え、ここで別作品の宣伝をしてしまうのは少々場違いだったかも知れません。

いずれにせよ、白愛への期待は高まるばかりです。


1/15 追記:

遂に公式ホームページが正式公開されました。
ファミ通でも数枚の新規カットが見られます、公式には載っていない物もあります。

http://hakuai.kogado.com/

http://dengekionline.com/elem/000/000/985/985400/

主人公、大幸あすかさんは前作に近い所がありますね、特に以下の二つ。

 “総じてダメキャラだが、人から愛される才能があり、ここぞというときの決断力・実行力はある”
 “八歳以前の記憶がない

妹の
大幸なおさん、設定は某けいおん作品を思わせます。
前作のなぎさ先輩はみやざー氏によると、ベースの人のイメージであったという事が、
資料集にてコメントされていました。

 “姉の支えになることが自分のすべて、という完全無欠の良妹”

天藤いつきさんと武田さくやさんは、既に恋人という点に注目ですね。
また、さくやさんのあすかさんへの態度は、記憶がない事に関連しているのでしょうか。
しかしミスリードの可能性もありますね。

 “初対面の筈のあすかに何故か冷たくあたる

esdrfghj.jpg

みやざー氏(ディレクター):
 開発には2年以上掛かってしまい、期待して待っていてくれた方々には
申し訳ないです気持ちで一杯です(色々有ったんですよ色々……


ここの一節、凄く気になります。
根も葉もない噂ですが、前作メインライターとはゴタゴタがあったとか。
本作では佐倉さくら氏が看護の監修に入るそうですが、
個人的には前作同様にシナリオの方にも触れて頂きたい所です。

takeuchi0114gyk.jpg


1/11 追記:

販売手法について


本作も前作同様、追加要素を加えた完全版や、そのPC版が発売される事は容易に想像されます。
前回は感想や要望を受けて、作品にフィードバックする真摯な姿勢が見られました。

特典として付属する資料やCDにも価値があります。また自分の意見を作品に適用して頂くには、
自ら意見を挙げる事が大切です。声が無くては聞く事は出来ません。

誰でも予算には都合があるでしょうが、可能な限り早く動く事が肝要です。

私はこれを機に、PS VITAを購入する事にしました。

資料抜粋:
(百合ヶ浜総合病院 再診断書より)

前作白衣性恋愛症候群 RE:Therapyの構想について、語られた下りを抜粋しました。

記者:
 “もともと構想があったとはいえ、半年で本作を発表、
1年も経たず発売というのは、驚異的な早さだと思うのですが……?”

みやざー氏(ディレクター):
 “これには裏話がありまして(笑)。通常、続編の段取りというのは、前作が発売
されたのち、市場の高評価を題材に、会社と製作許可の掛け合いをするんです。
けれど、本作では発売後すぐに、しかも会社の許可が降りる前に、円さんと詳細を
まとめていました。そして、正式に製作許可をもらったあと、間髪入れず
キャラクターデザインの成瀬ちさとさんにまゆきや白衣姿のさゆりなど、
新規デザインの発注をしたという流れです。これが本作の発売の早さに繋がったという。”

記者:
“ある意味ギャンブルなスタートだったんですね(笑)”

みやざー氏:
“そう言われればそうです(笑)。ただ私はTwitterをやっているのですが、
ここでダイレクトにユーザーの声が入ってきたことにより、「本作を作っても戦える」
という目算
も許可前に動き出した一因だったりします。でも円さんには、
「続編を出せなかったら、申し訳ないんだけど」と前置きしていたので、
正直製作許可が降りて安心しましたよ(笑)。”

(以上、27ページより抜粋)


1/11 追記:

三日前にファミ通.comで公開されたようですね。
http://www.famitsu.com/news/201501/08069083.html

l_54aca3c91e256.jpgl_54aca3cd577ba.jpgl_54aca3caf28a0.jpgl_54aca3c72118d.jpg

“これは、ひとりの女の子の成長、光と影、彼女を取り巻く個性豊かなヒロインたちとの友情物語

光と影ですか、やはり今回も衝撃的なバッドエンドがあるという事ですね。
個人的には、あまりそちらには注力せず、グッドエンドを磨き上げる事に集中して頂きたい所です。

“そこで描かれるのは、学生どうしならではの青々しさ、そして2組のカップルが織りなす人間模様です”

カップリングは固定という事で良いのでしょうか。
先生として看護師さんもそこに参戦、ここに波乱の予感があります。

上のゲーム画面から、テキストボックスが三行である事くらいは分かります。
それと、髪が緑系でショートと言えば、ヤンデr……いえなんでもありません。

キービジュアルにある白薔薇の花言葉は、以下の通り。
純潔、
清純、無邪気、心からの尊敬、恋の吐息、
私はあなたにふさわしい、相思相愛、素朴、約束を守る。


そういえば、今回はナースキャップがあるようですね。前作では、
形を維持する為の糊(のり)、発汗と湿度などが原因となって細菌の温床となる、
あるいは純粋に邪魔である事などが挙げられていました。
とは言え、こうした事はキャップに限った話ではないそうですが。

一月下旬に、本作のホームページで声優さんを当てるクイズがあるそうです。
当たったら何か景品でも頂けるのでしょうか。

看護学校でのお話としては、『その花びらにくちづけを』の青文字シリーズがある為、
お互いに食い合う事になるのか、相乗効果で売り上げを伸ばすのか。
少々気になりますが、首を突っ込む事では無いでしょう。


1/6 追記:

ファミ通フラゲ情報より。


噂通り、新ライターは
向坂氷緒氏だそうです。
キャラクターデザインは早瀬あきら氏。

百合に関係のありそうな所では、以下の表紙絵が挙げられます。


51fr3-An8+L.jpg 514NW-ztc+L.jpg 517Em5RBkyL.jpg

対応機種はPS VITAで、開発は半分まで進んでいるらしいです。
医療の監修には前作のライターが付くようです。声優さんは未発表。


12/28 追記:公式サイトオープン

来年の1/8にファミ通で発表となるそうです。

bg.jpg

原画家さんは変更のようですね、マンガの表紙絵を思わせる様な仕上げです。
紅潮した頬の表現として赤い線が描き込まれていて、また瞳孔が薄めなのがその理由です。

目のハイライトは髪と同系の色で縁取られ、虹彩部分は明るめ。
また上まつ毛はその中央部を中心に、髪に近い色で塗られている。下まつ毛の量は、
上と合せて実に上手くバランスが取れていると思われます。二重まぶたのラインも丁寧。

唇にはハイライトが入っていて、唇の下は影付けがなされていて立体感がある。
唇のラインと鼻の形は、明るめの肌色(血色)で表現されている。

この絵柄の様に、外目角周辺のまつ毛が緩やかな曲線であるのは、個人的に好みです。

率直に言って、良い絵だと思われます。

成瀬さんの絵も好きだったので、少々残念な所もありますが、この絵なら期待しても大丈夫でしょう。

成瀬さんの絵は、塗りや光のトーンが大人しめで水彩画の様であり、
髪や服に補色を併せている所にこだわりを感じます。
良い意味でデフォルメ具合が大きめでシンプルであり、暖かみがある。

こうして沢井さんを見ると、屈託の無い表情がとても良いですね。
新キャラさんの方も気恥ずさと嬉しさが合わさった良いお顔です。


12/20 追記:噂について

『384,403km―あなたを月にさらったら』の著者、向坂氷緒氏が新ライターだとの噂があります。

とは言え、看護については円氏と佐倉氏の監修が必須である為、
どういった体制になるのかが気になる所です。

81nVv3DABEL.jpg


12月某日

前作と同じスタッフでしょうか、情報公開が待ち遠しいところです。

シナリオ上一つだけ心配なのは、メインライターの手綱をしっかりと握ってくれるかという事。
前作ではディレクター、メインライター、サブライター、アドバイザーによる布陣で万全と言えた。
この事は以下にて言及、資料からの抜粋。(一部の役職名は私がそう呼んでいるだけ)
・白衣性恋愛症候群 RE:Therapy 感想 (詳細レビュー)

メインライターに関しては以下も参考にして頂きたい。

以下の『脚本』及び『演出』。
・その花びらにくちづけを 「天使のあこがれ」「天使たちの春恋」「天使たちの約束」 感想 (詳細レビュー)

これの後半部にも詳述。
・星彩のレゾナンス 同人誌、及び、本編改変推察


bg.jpg
http://hakuai.kogado.com/ (12/28 プレオープン、1/15 正式公開)

聖蹟百合ヶ丘にある帝都看護専門学校に入学した、
ふらふわゆるっと生きてきたクラゲ系女子「大幸あすか」。
そんな姉を甘やかす年子で同学年の妹、二人の同級生、
素敵な先生との、楽しくも大変な学校生活が、今始まる。
どこにでもいそうでどこにもいない、看護師のたまご達の物語。

白衣性愛情依存症 -白愛- 
キラ☆ふわ看護学生アドベンチャーゲーム
2015年4月リリース予定
機種:PS VITA
価格:税込6264円

  1. 2014/12/15(月) 22:34:41|
  2. 新作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUGAR'S DELIGHT 感想/レビュー

WS000120.jpg

◆序文:
(注意点、心得)


システム面がかなり貧弱。バックログが三行という見にくさのみならず、
テキストと同時に、効果音や立ち位置までが巻き戻される始末。
効果音も状況にあまり合っていない、フリー素材でももう少し上手く出来そうなもの。
これは擬音を用いた演出ではないと思われる。
作画も基礎に不安が残る、塗りも簡素。ボイスも無し。
食べ物で遊ぶのも気になるかも知れない、床に落ちた分が特に。(この辺りは文化の違い)

百合的に注意すべき点としては、双頭ディルドの使用がある事。
男性は客が一人来るだけで、それ以上絡んで来る事はない。

個人的に絵柄の方向は悪くない、テキストにストレスを感じさせる事もほとんど無い。

以下ネタバレ無し。



◇攻略:


プレイ時間目安:一時間


選択肢無し。



簡易表:
(E- ~ A+)


脚本 (what to tell 何を描くか)
物語
E+
構成
D

(※一.物語とは、世界の変革、個人の心境変化、
それらの変化量。描出すべき事象の過不足の無さ)
(※二.構成とは、物語を描く為の適切な場面の配置、伏線
起伏、溜め、ミスリード、小道具の使用等)


演出 (how to show どう描くか)
脚本的
D
作画的
D-
音響的
E
スクリプト
D-

(※一.脚本的演出とは、見せ場を指す。出会い、別れ、愛情、信頼、危機、対決、和解、真実の劇的発露)
(※二.作画的演出とは、印象的な絵。構図、背景、表情、所作、衣装、色、光、象徴、対比、レンズ効果等)
(※三.音響的演出とは、音楽と効果音の使い方。挿入歌は含むが、演技とシステムボイスは含めない)
(※四.スクリプトとは、画面効果を指す。アイキャッチ、ワイプ、暗転、立ち位置や表情の変化等も含む)



◆脚本:
(シナリオ、構成、テキスト、表現)


同じ台詞を物語の始まりと終わりに用いている、唯一この記号用法は良かった。
これによって時間がもたらした変化が分かり易く伝わる。
つまり、同じ言葉が最初と最後で違う意味を持つという事。これは短編作品の強み。

元がドイツ語だからか、翻訳に特有の違和感が多少見られた。
不自然さを残したままに直訳したような語順が数ヶ所程あっただろうか。



◇演技:


ボイス無し。



◆演出:
(スクリプト、画面作り)


湯気の形のワイプからシャワーシーンへと繋ぐのは上手い。

ワイプ(画面転換の技法)や暗転を挟むタイミングは、程良い具合。



◇作画:
(キャラクターデザイン、原画
、塗り)


いくらかバランスが取れていない箇所が見られた。
唇と顎の間の窪みが無かったり、耳の位置もおかしかった。
また、胸にはシリコンが入っている様だった。頭蓋骨が場合によっては長い。

ぱっと見は愛らしい絵柄である為、凝視しなければ見れない程ではない。
スタッフはドイツ人だが、日本人向けの萌えデフォルメになっている。

指先のデフォルメは実に良いバランス。



◆音楽:


全部で八曲、短編作品にしては多い方。ただし一曲当たりの時間は短く、質も低い。



◇効果音:


システムサウンドを掛け合い時にも用いていしまってる。
フリー素材を探すくらいは出来るだろうに。



◆背景:


フリーゲームにしては良い方だろうか。



◇システム:


バックログ周りが壊滅的な水準、不具合が無いだけ良しとすべきだろう。



◆他:


特に無し。



◇結語:


道具の使用が問題だが、ストレスを感じさせる要素は少なく、
フリーゲームにしては良く頑張っていると思われる。
もっと力を付けて百合的な方面を伸ばして頂きたい。今後の活躍を期待する。






  1. 2014/12/14(日) 22:08:16|
  2. ADVゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LUXMAN M-600A アンプ

P10100010003 (9)

この写真を撮るのに使ったデジカメは、十年以上前のPCにオマケとして付いていた物。
実物は湾曲してはおらず、赤みがかったりもしていない。
その麗しさを収めておけなかった事が実に悔やまれる。

初秋から僅か半年の付き合いだったが、実に濃厚な時を過ごした。
あの時ほどオーディオに熱を上げた時は無い、取れる時間のほとんどを費やした。

今までに手にしたどのアンプよりもシャーシの仕上げが美しかった。
その清澄にして厳粛なる佇まいは、見る度に思わず背筋を正してしまう程だ。
前面パネルの無駄の無さは、オーディオの何たるかを象徴している。

ボリュームメーターの明かりは、焚き火を眺める古人の趣きを彷彿させる。

触れるとひんやりと冷たく、火を入れると徐々に暖かくなり、暫くすると灼ける程に熱くなる。
最初の三十分はウォームアップの為に軽めの曲を流し、アンプの声に耳を傾ける。
音色に僅かの暖かみと力強さを感じ取った後、音圧を上げて行く。

このアンプと向き合う時には敬意を払い、部屋の明かりを落とし、暖房器具さえ使わなかった。
各電源は絶縁されているとは言え、全く干渉しないという訳ではない。
目を閉じ耳を澄まし、全身で音を受け止める。時には、楽器の種類や数、配置まで確認する様に。

音の宇宙で一人、星を眺める。これだけで充分だ、他には何もいらない――


あらゆる面でL-550AⅡのパワーアンプ部分を上回っていた。
静粛性、駆動力、制動力、瞬時電流供給能力。どれを取っても申し分無い。
およそアンプにこれ以上の性能は不要だ、後はその使い方次第。

ATCのSCM19に見合わせる為に購入した物だったが、一台のステレオアンプでは力不足だった。
しかし言うまでも無く、このアンプ自体に問題がある訳ではない。
一般的な感覚で言えば、充分に鳴らせていると言われる範疇だ。

ダンピングは完璧だった。強烈なバスドラムは流石に無理だが、
パイプオルガンの通奏低音でさえいくらか余力があった。

BTL接続でモノラル化する事も可能で、その場合の出力W数は四倍となる。つまり6dB分の余裕が出来る。

それと、これまで幾度と無く耳にしたが、出力W数など僅かで充分という主張は場合にもよる。
例えば、1Wアンプで85dB連続で出せるから充分という訳ではない。
ピーク信号を考慮する必要があるという事。連続での音圧+15dBは最低でも確保したい。

手元にPAA6というオーディオアナライザーがある。高価だが実に便利な代物。
これで音圧を測ってみたら驚きだ。連続85dB前後で鳴らした所、ピークで95dB前後、
ピーク中のピークでなんと100dB前後と表示された。ただしこれはロックの場合。

つまり、100dB-85dB → 15dB の増幅を3dBで割って5という数字が生じる。
これに単位のWを合せて、2の5乗で32Wが必要となる。

ATCのような低能率のスピーカーでなければ、30Wもあれば充分だ。
(SCM19は公称で85dB、実測だと83.5dBくらい)

後継機ではODNF回路が向上している為、さらに歪み感は低減されているだろう。

P10100010003 (3)  



[タグ] オーディオ
  1. 2014/12/10(水) 23:15:54|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。