百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

あけましておめでとうございます 2018

あけましておめでとうございます。

去年に引き続きよろしくお願い致します。

さて、新作の百合ゲームが今年も続々と発売される予定です。
たしか去年に発表されるはずだった工画堂の新作がまずは気になる所です。
少し前に一瞬だけみやざー氏がマストドンに現われのは、近々発表予定故の伏線でしょう。

それに一昨年に発売された、『つい・ゆり』を制作したブランドである
eye★phonが新作を発表予定です。
良質な作品が増え、百合ゲームの価値が上がっていくのは喜ばしいことです。

何度も発売が延期になりました、「きみはね」の続編が5/25に発売予定です。
これ以上延期することがないよう願っています。
ですが、クオリティが向上するなら多少の延期は個人的には構いません。

続けて個人的な話ですが、去年は百合ゲームラッシュ(ことアム、よるくに2、FLOWERS冬)
で体調を崩しがちだったので、発売時期は分散して頂けると助かります。

『ことのはアムリラート』もドラマCDなど、まだこれからも展開していくそうなので注目です。

「FLOWERS」のライターである志水氏によると、何か大きな企画が動いているそうです。
こちらにも期待が集まります。FLOWERSアニメ化だったら個人的には嬉しいですが、
四クールかけないと描き切れないボリュームですので、中々難しいでしょう。
舌足らずになるのは承知として、二クールで要所だけを押さえていけばギリギリといった所でしょうか。
新作が百合ゲーム等でももちろん期待していきます。

同人では「ねのかみ」と『ヴァルキリーインパルス』に注目です。
後者はパイロットブックが20巻まで出そうとありましたので、まだいつ発売になるのか見当も付きません。
「ねのかみ」は得た利益も惜しみなく新作の為につぎ込んでいますし、
前編から後編の成長が著しく、まさに鯉が滝を登り竜になる様を思わせます。

「よるのないくに」ですが、続編の発表を待っています。
来年あたりに発売されるでしょうか。よるくに2の出荷枚数は約七万枚ですし、
DL販売や海外の売り上げも入れればまだまだ行けると信じています。
ゲーム性があるジャンルで、ここまで百合を重視した作品は他に無いので
是非ともシリーズが続くことを願っています。

それでは、今年も百合的に良い一年になりますように。




[タグ未指定]
  1. 2018/01/01(月) 23:59:00|
  2. コラム他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。