百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

【アニメ】 マリア様がみてる Complete Blu-ray BOX

S0310756.jpg

マリみてBD-BOXが届きました。年末は初心に戻り、マリみてを視て過ごそうか。


25日追記:

以下に優れたレビューがある為、そちらを参照する様に。
http://www.ragemax.com/2014/12/maria-watches-over-us-bdbox-2.html

私より、撮影環境、機材、BDキャプチャ(特にこれが難しい!)と、これら全てにおいて上回っている。



以下は20日に書いたもの。

上の写真は見切れているのでは無く、元からそのようになっている。
その演出意図は口にするまでも無いだろう。

“ハイエンドアップコンバート”なるものの画質も悪くないらしい。年表が地味に嬉しい。
装丁の箔押しも良い、合計で2kgくらいあって重みを感じる。
ディスクがキチンと収納されず、浮いていたり外れていたりする物もあるので、注意したい。

当然ではあるが、画集には原画や仕上げの担当者の名前が付せられている為、
アニメーターに興味がある場合は非常に助かる。

サントラを含め単巻で購入した場合、15万円前後はする為、
実売3万4千というのは破格と言って良い。
また、四期のサントラは初CD化であり、新規のコメンタリーも二話分付いている。

イベントに関してだが、来年の3/29(日)によみうりホールで開催される。
収容人数は最大1100人、対してこのBOXの売り上げは3000前後だろうから、
単純に考えて倍率は三分の一。
初週の売り上げは2.650枚だそうだ。

シリアルで応募する際には、アニメイトTVの会員登録が必須になっている。以下は受付URL。
http://www.animate.tv/event/details.php?id=ai0zm7mw

とりあえず、このページの右上に“新規登録”がある為、未登録の方はまずそこから。

この売り上げと勢いのまま、最後までアニメ化して頂きたいが、それは贅沢な願いだろうか。

百合だと知りながら手に取った最初の作品が、マリア様がみてる(原作)だった為、想い入れは強い。
このBDを手にして、マリみて熱が再燃しつつある。

S0140738.jpg

S0100734.jpg
S0380765.jpg
S0400767.jpg
S0160740.jpg
S0340760.jpg


25日追記:

BDキャプチャの環境が用意出来ない為、デジカメで撮影。上がBD、下がDVD。
モアレが発生しているのは、当方の撮影技術の低さとデジカメの性能の為。本来は存在しない。

S0050818.jpgS0130828.jpg
[タグ] 新作関連
  1. 2014/12/20(土) 21:41:20|
  2. 新作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【グッズ】 桜Trick ミストグラフ | ホーム | 白衣性愛情依存症 -白愛->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/146-8e36f5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。