百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

カタハネ 「Memories are here」 エンディング 和訳・注釈・解釈 第三稿

クロハネ編エンディング 「Memories are here」 和訳全文


前書き:


訳文に句読点はあえて残したが、これは解釈が不明瞭にならないようにする為。
逐語訳は、戻り訳をしない範囲で、複数の単語を続けて訳した。
原文は切れ目が曖昧な為、適宜にカンマとピリオドを補った。
意訳を更に重ねて、詩的な趣きを加えるか検討中。
それと、訳文は声に出して歌う事は前提にしなかった。




 初稿 :2015/01/13
第二稿 :2016/07/27
第三稿 :2018/10/16


追記 2016/07/27:


一部に修正を加えた。特に大きく変更したのは、以下の一文について。

 To the sky that softly taking me inside
 Clouds - everywhere.

日本語として自然な語感と、原文の順序を尊重する為、
一文に押し込まず、あえて切り離す事にした。



追記 2018/10/16:


語句を修正。


 To the sky that softly taking me inside
 Clouds - everywhere.

 意訳:
 × 空へ翔び、優しく私を連れていってくれる。雲の中でもどこへでも。
       ↓
 ○ 空へと優しく私を連れていってくれる。雲の中でもどこへでも。

自然な日本語にするには、“雲の中でもどこへでも私を連れていってくれる”とすべきだが、
前にも述べた通り、英語の語順を可能な限り尊重した。


以下の部分であるが、訳を省略した理由を挙げておくことにする。

 Feeling I have guide us ahead , 
 ripping all the thorns that blocking our long path.


 意訳:


 私の想いが未来へ連れていく、
 いばらの全てを切り裂いて。

前文までの文脈から察せられる為。“私達”を省いた。



I close my eyes and realize I don’t want to cry ,
but tears are flowing by themselves.



逐語訳:
私は閉じる私の両目を、そして気付いている、私はしない、望む、する事を、泣く、
しかし涙は流れている、独力で。


直訳:
私は目を閉じて、泣きたくはないのだと気がついた、
それでも涙は独りでに流れる。



意訳:
瞳を閉じて気がついた、泣きたくはないのだと、
それでも涙は零れてしまう。



文法注釈:
realizeの後に、thatが省略されている。
I close my eyes and realize (that) I don’t want to cry.
このthatは名詞節を導く。




Yet understood I care for you from the very first moment
I knew the sad truth.



解釈A (これが最有力)

Yet understood I care for you from the very first moment
I knew the sad truth.
          ↓
Yet (I) understood I care for you from the very first moment (,)
I knew the sad truth.



逐語訳:
しかし、私は理解していた、私は好きであると、あなたが、
から、そのまさに最初の瞬間、私は知った、その悲しい真実を。



直訳:
私は最初の瞬間からあなたが好きだと分かっていたけれど、
悲しい真実を知った。



意訳:
初めて会った時からあなたが好きだったけれど、
悲しい真実を知ってしまった。



文法注釈:
yetは逆接の接続詞、文頭に位置するのは少々イレギュラーな使い方。
I knew the sad truth.が主節。understoodの後はthatが省略されていて、
I care for you from the very first momentを導いている。
ちなみに、このunderstoodは過去分詞ではないと思われる。
そうであれば主語とbe動詞が省略されていると考える事になるが、
その場合は受動態となる。これは以下の解釈Bにて行う。



作品解釈:
クロハネ編の真エンドにおいて、姫様とエファの出会いのシーンが流れる。
この時の両者の気持ちを表していると、個人的には考える。




解釈B (言葉として意味が通らない)

Yet understood I care for you from the very first moment
I knew the sad truth.
          ↓
Yet (I was) understood (by that) (,)
I care for you from the very first moment (when) I knew the sad truth.



逐語訳:
しかし、私は理解された、
私は好きであると、あなたが、から、そのまさに最初の瞬間、
私は知ったその悲しい真実を。



直訳:
理解されたけれど、
私は悲しい真実を知ったその瞬間からあなたが好き。



意訳:
理解されたけれど、悲しい真実を知った時からあなたが好きだった。



文法注釈:
Yetは逆接の接続詞、文頭に位置するのは少々イレギュラーな使い方。
ちなみに、このunderstoodが過去分詞であるなら、
主語とbe動詞が省略されていると考える事になり、
主節はI care ~ truthまでとなる。




解釈C (文法が破綻)

Yet understood I care for you from the very first moment
I knew the sad truth.
          ↓
Yet (I was) understood I care for you from the very first moment (,)
I knew the sad truth.



文法注釈:
understandは第四文型が取れない為、この解釈は誤り。




The days with you feel distant too , though you’re very close to me.
So I can feel your breath.



逐語訳:
その日々、との、あなた、感じる、遠く、あまりに、
けれどもあなたはとても近い、に、私。
だから、私は出来る、感じる、あなたの息を。



直訳:
あなたとの日々はあまりに遠く感じる、けれどもあなたは私のとても近くにいる。
だから私はあなたの息が感じられる。



意訳:
あなたとの日々はあまりに遠くに感じるけれど、近くにいるのが分かる。
だからその吐息が感じられる。



文法注釈:
このfeelは不完全自動詞であり、補語を導く。




Softhearted smile I have admired.
Will I ever see Its shine again , I wonder.



逐語訳:
心優しい笑顔、私は素敵だと言った。
だろう、私はいつか見る、その輝きをまた、私は、だろうかと思う。



直訳:
私が素敵だと言った心優しい笑顔。← 名詞扱い(日本語で言う体言止め)
(私は心優しい笑顔を素敵だと言った) ← 文章扱い
私はその輝きをまた見るかどうかと思う。


意訳一:
優しい笑顔が素敵だと言った。
もう一度その輝きが見られるのだろうか。



意訳二:
優しい笑顔が素敵だった。
もう一度その輝きは見られるの。



文法注釈:
このwonderは他動詞。
非制限用法の関係代名詞whetherが省略されていると考えて、
will I ever see its shine again全体を目的語とする。
このwill I ever see its shine againはまた、
否定的なニュアンスから倒置が起こっていると見なす。
その理由は、I wonderに疑問の意味がある為。
または自動詞と考えたいが、副詞句や不定詞句が無い。



作品注釈:
二人の先行きからして、明るい未来は見えない為、
否定的なニュアンスが感じ取れる。




This isn’t final and isn’t “the end”.
I don’t want you to be sad ,
Don’t forget !



逐語訳:
これが、ではない、最後、そして、ではない、“終わり”。
私はしたくない、望む、あなたが、なる、悲しく。
忘れるな!



直訳:
これが最後ではなく“終わり”ではない。
私はあなたに悲しんで欲しくない、忘れないで。
(私があなたに悲しんで欲しくない事を忘れないで) 



意訳:
これが最後じゃないし別れでもない。
あなたを悲しませたくなんてない、どうか忘れないで。



文法注釈:
直接forgetに目的語を取らせるかどうかが焦点。
前文が省略されていると考えても良い。どちらを選んでも、それほど差は無い。
“the end”は“最期”と直訳しても良いだろう。




We’re on our way , I knew some day it would happen ,
but I didn’t want to realize.



逐語訳:

私達はいる、私達の道、私は知ったある日それが、だろう、起こる、
しかし私はしなかった、望む、する事を、気付く。



直訳:
私達は道の途中にある、ある日それが起こるだろうと知った。
しかし私は気付きたくなかった。



意訳:
私たちは同じ道を行く。ある日、別れが来ることを知ってしまったけれど、
見ないふりをした。



文法注釈:
it would happenは省略されたthat節が導いている。
I knew some day (that) it would happen.




Feeling I have guide us ahead ,
ripping all the thorns that blocking our long path.



逐語訳:
感情、私が持っている、導く、私達を、先へ
引き裂く、全てのイバラを、遮る、私達の長い道を。



直訳:
私の感情が私達を先へ導く。
私達の長い道を遮る全てのイバラを引き裂く。



意訳:
私の想いが未来へ連れていく、
いばらの全てを切り裂いて。   ※ 前文までの文脈から察せられる為、“私達”を省いた



文法注釈:
Feelingの後に関係代名詞whichが省略されていると考える。
Feeling (← which I have) guide us ahead
後半のrippingは、分詞構文を導いている。
thornsの後にあるthatは不要だが、同格節を導くthatと考えて
複数指示代名詞theseあるいはthoseと、be動詞を補って、
that these are blocking our long pathと見なす事も何とか可能。
thorns blocking our long pathとするなら、
現在分詞句が後置修飾していると考える。
(訳文ではこちらを採用したが、意味は大体同じ)




Heartbeat gets louder….
The hundred of eyes watching the show ,
but this show is for us.



逐語訳:
心臓の鼓動は、なる、大きく……。
その百の瞳が、見ている、その劇を。
しかしこの劇は、為のもの、私達。



直訳:
心臓の鼓動は大きくなる……。
百の瞳が見ているけれど、この劇は私達の為のもの。



意訳:
胸が高鳴る……。
皆が見ているけれど、この劇は私達だけのもの。



文法注釈:
このgetは不完全自動詞、<get+比較級形容詞>で、
「だんだん~になる」という変化を表す。
The hundred of eyes watching the show.は、
The hundred of eyes (are) watching the show.と見なすか、
eyesに対する現在分詞句の後置修飾と考える。
(訳文では前者を採用したが、意味は大体同じ)
このhundredは数詞が付いていない為、不定的に扱う。
つまり、単純に数が多い事を示している。
(厳密には、百という数が多いか少ないかは、比較対象が無ければ決定出来ないが)




Memories are here , Beautiful and clear !
and I don’t think I can forget.
I don’t want to !



逐語訳:
記憶はある、ここに、美しく透明だ!
そして私はしない、考える、私は出来る、忘れる。
私はしない、望む、する!



直訳:
記憶はここにある、美しく透明だ!
私は忘れられると考えない。私は忘れたくない!



意訳:
想いはここにある、美しくも純粋な。
忘れられるわけがない、忘れたくなんてない。



文法注釈:
thinkの後にthatが省略されている。
つまりI don’t think (that) I can forgetの形。このthatは名詞節を導く。
forget (memories)と見なす。I don’t want to (forget)!と考える、つまり代不定詞。




Predestined scenario is wrong
and our secret is happy-end.



逐語訳:
運命付けられた筋書きは間違っている、
そして私達の秘密はハッピーエンド。



直訳
運命付けられた筋書きは間違っている、
私達の秘密はハッピーエンド。



意訳:
決められたシナリオなんて間違ってる、
私達の真実はハッピーエンド。



文法注釈:
Predestined scenarioは過去分詞の前置修飾。
happy-endは名詞を合成、造語的な使い方だが、
日本語の感覚そのままで捉えられる。(I am yuri-gamerの様に)




Wrapped in the brilliance ,
I’m getting my wing , same as yours.
Let’s fly away , on the same wings.



逐語訳:
包まれた、中で、その輝き。
私は手に入れつつある私の羽を、同じのを、ように、あなたの。
さあ飛び立とう、で、その同じ羽。



直訳:
輝きに包まれた時、あなたのと同じ羽を手に入れつつある。
さぁ飛び立とう、その同じ羽で。



意訳:
光に包まれ、あなたと同じ羽を手にした。
翔び立とう、この羽で。



文法注釈:
(When I was) wrapped in the brillianceと捉える。
つまり、過去分詞構文から原文を復元する際に適切な接続詞を補った形。
I’m getting my wing (which are the) same as yours.
と考えて、関係代名詞の省略と見なす。
あるいは単にmy wing = same as yoursとして、同格とする。




I’m so glad that I was born in this time.
So I could be with you.
My heart is filled with thanks.



逐語訳:
私はとてもうれしい、何故なら私は生まれた、に、この時代。
だから私は出来た、在る事が、共に、あなたと。
私の心は満たされている、で、多くの感謝。



直訳:
この時代に生まれた事がとてもうれしい。
だから私はあなたといる事が出来た。
私の心は多くの感謝で満ちている。



意訳:
同じ世界に生まれたことがうれしい、
だから私はあなたといられた。
胸いっぱいのありがとうを。



文法注釈:
以下はso ~ that SVではなく、「理由」のthat。
I’m so glad that I was born in this time.
その根拠は、帰結関係が逆になってしまう事。
うれしいから生まれた、では意味が通らない。




So there is nothing fearful for me.
I can see the gateway to the new world.



逐語訳:
だから、そこにはある、ないもの、恐れる、とって、私に。
私は出来る、見る、その入り口が、への、その新しい世界。



直訳:
だから私に恐れるものは何も無い。
私は新世界への入り口が見える。



意訳:
だからこわいものなんて無い、
私には新しい世界が見える。



文法注釈:
nothing fearful for meは、形容詞句fearful for meが、
不定代名詞を後置修飾している。ちなみに不定代名詞は、
形容詞が一語であっても後置修飾する。gateway to ~ で、「~への道、手段」。




To the sky that softly taking me inside
Clouds - everywhere.



解釈A (これが最有力)

To the sky that softly taking me inside
Clouds - everywhere.
          ↓
To the sky softly taking me inside clouds - everywhere.



逐語訳:
へ、その空、優しく連れて行く私を、中に、雲、どこへでも。



直訳:
空へ行き、私を雲の中でもどこへでも優しく連れて行く。



意訳:
空へと優しく私を連れていってくれる、雲の中でもどこへでも。

(このsoftlyは、軽やかに、と訳してもよいかもしれない)



文法注釈:
thatの用法が不明、不完全な形だが現在分詞構文と見なす。Insideは前置詞。
clouds - everywhere.はfrom clouds to everywhereと解釈。



解釈B (雲の中だけでは範囲が狭い)

To the sky that softly taking me inside
Clouds - everywhere.
          ↓
To the sky that softly taking me inside clouds everywhere.



逐語訳:
へ、その空、優しく連れて行く私を、中に、雲、どこへでも。



直訳:
空へ行き、雲の中のどこへでも私を優しく連れて行く。



意訳:
空へと優しく私を連れていってくれる、雲の中のどこへでも。



文法注釈:
thatの用法が不明、現在分詞構文と見なす。
Insideは前置詞。clouds everywhere.は
everywhereを名詞とし、cloudsによって修飾されているとした。




My feelings are here.
There is no future or the past.



逐語訳:
私の心はあるここに。
そこにある、無い未来またはその過去。



直訳:
私の心はここにある。
未来もないし、過去もない。



意訳:
私の心は今ここにある。
未来も過去もない。



作品注釈:
ここ → ココ とすべきか。




Memories are here – fragile souvenir ,
and if you go the other way I won’t feel sad.



逐語訳:
記憶はあるここに、もろいおみやげ。
そしてもしあなたが行くなら、その違う道に、私は、だろう、悲しまない。



直訳:
記憶はここにある、儚い思い出。
あなたが違う道へ行くのなら、私は悲しまないだろう。



意訳:
記憶は今ここに、儚い想い出。
あなたが行ってしまっても、悲しまないと決めた。



文法注釈:
memoriesとfragile souvenirは同格。
このwillは未来ではなく、意志を表す。
その根拠は、悲しい事(違う道へ行く)があったにも関わらず、
悲しまないと予想するのでは、理に反する為。



作品解釈:
memoriesの訳し方は、あえて一貫しなかった。
上のsouvenirは形見と訳さなかったのは、物質的な側面が強調されてしまうと考えた為、



I’m sure you will remember
and I’ll keep this scene forever inside my heart.



逐語訳:
私は確信している、あなたが、だろう、覚えている。
そして私は、だろう、維持する、この場面を永遠に、中に、私の心。



直訳:
私はあなたが覚えているだろう事を確信している。
そして私はこの場面を永遠に心の中に維持するだろう。



意訳:
あなたはきっと覚えているでしょう。
私もこの時を、永遠に心の中に。



文法注釈:
I’m sure (that) you will rememberと考える。




Even far away and far away.
No one can’t steal them now !
Memories are here…



逐語訳:
どんなに遠く離れてそして遠く離れていても、
誰も出来無い、盗む、それらを今!
記憶はここにある……



直訳:
どんなに遠く離れ遠く離れていても、
今では誰も、それを盗む事は出来ない。
記憶はここにある……



意訳:
どんなに遠く離れていても、
誰にも盗むことなんて出来ない。
想い出はここに……



作品解釈:
ここ → ココ とすべきか。




原文:
(再販版サウンドトラックより)



I close my eyes and realize -
I don’t want to cry , but
Tears are flowing by themselves

Yet understood
I care for you -
from the very first moment
I knew the sad truth

The days with you feel distant too ,
Though you’re very close to me
So I can feel your breath

Softhearted smile
I have admired
Will I ever see
Its shine again , I wonder

This isn’t final
And isn’t “the end”
I don’t want you to be sad,
Don’t forget !

We’re on our way,
I knew some day
It would happen ,
But I didn’t want to realize

Feeling I have guide us ahead ,
Ripping all the thorns
That blocking our long path

Heartbeat gets louder…
The hundred of eyes
Watching the show
But this show is for us

Memories are here ,
Beautiful and clear !
And I don’t think I can forget
I don’t want to !

Predestined scenario is wrong
And our secret is happy-end.

Wrapped in the brilliance
I’m getting my wing , same as yours
Let’s fly away , on the same wings

I’m so glad that
I was born in this time
So I could be with you
My heart is filled with thanks.

So there is nothing fearful for me
I can see the gateway to the new world.

To the sky that softly taking me inside
Clouds – everywhere.

My feelings are here –
There is no future or the past.

Memories are here – fragile souvenir
And if you go the other way
I won’t feel sad

I’m sure you will remember
And I’ll keep this scene forever
Inside my heart.

Even far away and far away
No one can’t steal them now !
Memories are here…




全訳:



瞳を閉じて気がついた、泣きたくはないのだと。
それでも涙は零れてしまう。

初めて会った時からあなたが好きだったけれど、
悲しい真実を知ってしまった。

あなたとの日々はあまりに遠く感じるけれど、近くにいるのが分かる。
だからその吐息が感じられる。

優しい笑顔が素敵だった。
もう一度その輝きは見られるの。

これが最後じゃないし別れでもない。
あなたを悲しませたくなんてない、どうか忘れないで。

私たちは同じ道を行く。
ある日、別れが来ることを知ってしまったけれど、
見ないふりをした。

私の想いが未来へ連れていく、
いばらの全てを切り裂いて。

胸が高鳴る……
皆が見ているけれど、この劇は私達だけのもの。

想いはここにある、美しくも純粋な。
忘れられるわけがない、忘れたくなんかない。

決められたシナリオなんて間違ってる、
私達の真実はハッピーエンド。

光に包まれ、あなたと同じ羽を手にした。
翔び立とう、この羽で。

同じ世界に生まれたことがうれしい、
だから私はあなたといられた。
胸いっぱいのありがとうを。

だからこわいものなんて無い、
私には新しい世界が見える。

空へと優しく私を連れていってくれる、
雲の中でもどこへでも。

私の心は今ここにある。
未来も過去もない。

記憶は今ここに、儚い想い出。
あなたが行ってしまっても、悲しまないと決めた。

あなたはきっと覚えているでしょう。
私もこの時を、永遠に心の中に。

どんなに遠く離れていても、
誰にも盗むことなんて出来ない。
想い出はここに……



[タグ] カタハネ
  1. 2015/01/13(火) 23:32:17|
  2. コラム他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アオイシロ PC版 感想/レビュー | ホーム | ソルフェージュ 百合ゲームにおける自己投影・百合好きの性差と個人差>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/165-cb89add5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。