百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

背徳せんせーしょん 感想/レビュー

WS000068.jpg

◆序文:
(注意点、心得)


文字サイズが小さく、テキストが少々読みづらい。

男性教師のセクハラ発言が数回ある。
しかしワンシーンのみである為、さして問題ではない。

主従関係が基本。道具はローターを使うのみ。(二回)

物語はおまけ程度。細やかな心理描写などは無い。

特筆すべき美点は無いが、別段大きな欠点があるわけでもない。
強いて言えば、木琴を使った曲が良かった。それと、システム面が充実している。

以下、ネタバレは「脚本」項のみ。



◇:攻略


プレイ時間目安:三時間


選択肢はあるが、シナリオは分岐しない。行為の内容が別のものに変わるだけ。



簡易表:


脚本 (what to tell 何を描くか)
物語
D
構成
D+

(※一.物語とは、世界の変革、個人の心境変化、それらの変化量。描出すべき事象の過不足の無さ)
(※二.構成とは、物語を描く為の適切な場面の配置、伏線起伏、溜め、ミスリード、小道具の使用等)


演出 (how to show どう描くか)
脚本的
D+
作画的
C-
音響的
C-
スクリプト
C-

(※一.脚本的演出とは、見せ場を指す。出会い、別れ、愛情、信頼、危機、対決、和解、真実の劇的発露)
(※二.作画的演出とは、印象的な絵。構図、背景、表情、所作、衣装、色、光、象徴、対比、レンズ効果等)
(※三.音響的演出とは、音楽と効果音の使い方。挿入歌は含むが、演技とシステムボイスは含めない)
(※四.スクリプトとは、画面効果を指す。アイキャッチ、ワイプ、暗転、立ち位置や表情の変化等も含む)




◆脚本:
(シナリオ、構成、テキスト、表現)


構成について。

ファーストシーンでいきなり行為というのは唐突。
しかし物語を重視した作品ではない為、問題ではないだろう。

申し訳程度の伏線が一つ入っていた。初キッスの相手について。
(本作中では、“キッス”であり、“キス”ではない)

シナリオの分量は少ないが、水増しをするよりは良い。

テキストについて。

“膣は熱い内に”というのは、少々笑えた。

男性教諭のセクハラ発言、
“僕なんかは身体は老けこんでも、松茸はいつでも収穫期だがな!”
というのも下品ではあるが、吹き出しそうになった。



◇演技:


“すぅー……”、“ぴゅー”、“ボソッ”、“ふるふるふるふる”等、擬音を口にする違和感。
しかしこれは意図的にそうして、キャラを演出しているのだろう。



◆演出:
(スクリプト、画面作り)


絶頂を迎える瞬間にフラッシュが入ったりする程度で、
特筆すべき点は無い。

ラストカットの光の使い方は、二人を祝福しているようで良い。



◇作画:
(キャラクターデザイン、原画、塗り)


若干人形染みた所はあるが、崩壊している様な箇所はあまり無い。
しかし差分によっては気になる所がある。

個別CG三枚目、背景に人物絵が上手く重なっていない。
髪の位置に違和感を覚える。(これは筆者の誤認かも知れない)

六枚目、首のラインと影付けが甘く、捻じれ具合が表現されていない。
顔だけがこちらを見ていて、少々不気味だ。

八枚目、カーディガンを着ている状態だと、左手の肘周辺が不自然。
上腕部が浮き気味で、前腕部が沈み気味。その為、半ば千切れている様に視える。

開いた口がデフォルメ過剰で漫画的。とは言え、フルスクリーンで表示しなければ気にならないだろう。

水分を大量に取った後で、小水が黄色いのは不自然。
しかし、必ずしも現実と同じにする必要は無いだろうけれど。



◆音楽:


曲数は七曲ほどだろうか、シナリオの分量からすると十分だろう。質も落としていない。
木琴を使った曲は百合ゲームには珍しい。ピアノソロはどれも良い。



◇効果音:


心音の音量だけが、他に比して大き過ぎる。

スイカを切る音など、効果音を振る余地はあっただろう。



◆背景:


個別CG以外は、実写を加工しただけ。

特筆すべき点は無い。



◇システム:


個別音量調整を始め、必要なものは全て揃っている。
端的に言って、商業クオリティに達している。

バックログの確認中、音声が止まらないのも良い。

CG鑑賞モード、差分枚数を付記してあるのは良心的。

CG7-7に5-4が誤って挿入されている。
(個別CG七枚目差分七枚目に、五枚目差分四枚目)



◆他:


本編終了後に、続編を示唆していた。

but flower have just still begun to bloom.
(しかし花は丁度まだ咲き始めたばかり)

flowerが無冠詞の不定用法であるのは、花を“想い”に喩えているのだろう。

“still”と“just”は逆の方が明瞭だ。

but flowers have still just begun to bloom.
(しかし花はまだ丁度咲き始めたばかり)


こちらの方が、still → (
just begun to bloom) と感じられ、解かり易い。
とは言え、一般的な規則の範囲内では、元の形でも認められてはいるだろう。




◇結語:

システムは商業レベルで、他は同人中堅クラスだろうか、今後の成長に期待する。





  1. 2015/01/07(水) 21:17:17|
  2. ADVゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソルフェージュ 百合ゲームにおける自己投影・百合好きの性差と個人差 | ホーム | その花びらにくちづけを 赤文字 レビュー予定地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/189-76ab808e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。