百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

アナハイムガールズラヴストーリー 感想/レビュー

WS000571.jpg

◆序文:
(注意点、心得)


シナリオは構成が基本的に一本調子で退屈。個別CGは使い回しが多い。
立ち絵時の背景は概ね手抜きであり、世界観の演出にまるで貢献していない。
フルスクリーンは縦横比を無視する。その他のシステムも機能が不十分。

男性が最後の方に少し出てくるが、特に絡んでくる事は無い。

絵に関しては、塗りは割と簡素なものの、
絵柄の方は可愛らしく線にはベテランの安定感がある。

ネタバレは「脚本」項のみ。



◇:攻略


プレイ時間目安:約八時間


以下を参照の事。おそらくは唯一のもの。

http://www2.tky.3web.ne.jp/~umn/EroticGamingZone/walk_through%28fan-na_AGLS%29.html


参考にさせて頂きました、この場でお礼申し上げます。



簡易表:


脚本 (what to tell 何を描くか)
物語
C-
構成
C-

(※一.物語とは、世界の変革、個人の心境変化、それらの変化量。描出すべき事象の過不足の無さ)
(※二.構成とは、物語を描く為の適切な場面の配置、伏線、起伏、溜め、ミスリード、小道具の使用等)


演出 (how to show どう描くか)
脚本的
B-
作画的
C+
音響的
B
スクリプト
C+

(※一.脚本的演出とは、見せ場を指す。出会い、別れ、愛情、信頼、危機、対決、和解、真実の劇的発露)
(※二.作画的演出とは、印象的な絵。構図、背景、表情、所作、衣装、色、光、象徴、対比、レンズ効果等)
(※三.音響的演出とは、音楽と効果音の使い方。挿入歌は含むが、演技とシステムボイスは含めない)
(※四.スクリプトとは、画面効果を指す。アイキャッチ、ワイプ、暗転、立ち位置や表情の変化等も含む)




◆脚本:
(シナリオ、構成、テキスト、表現)


シナリオ全体について。

MS開発を巡る状況の中で、複数の思惑が交錯する。
そこまで深くはないが、物語世界における広がりを見せた。

構成について。

後半に入るまではかなり平坦な構成。しかしメイン二人の関係に焦点を絞って、
手探りながらも真っ直ぐに描こうというのは割と好印象。

バッドエンドにおける伏線として、ハロン(本作ではハロではない)の生体センサーを
早い段階で見せたのは効果的だった。曖昧さを許さない機械だからこそ、
くつがえる事の無い死を感じさせる。定石通りではあるが良い構成だ。


ワンシーンが長い事が多く、場面の主題が不明瞭な事がそれなりに見られた。

テキストについて。

“動くぞコイツ……”や“通常の3倍”といった有名な台詞を一部で使用していた。

誤字に関しては、コンペティションが“コンペテイション”になっていたくらいだろうか。



◇演技:


主人公が歴戦を“戦歴”と読み違えたり、会社を“社会”と読むミスがあった。
録音の質を含め、他は特に問題は無い。

主人公の声は大変可愛らしく、その性格と外見と相まってつい応援したくなるほどだった。



◆演出:
(スクリプト、画面作り)


ワイプ(画面転換の技法の一種)は地味なもので、演出的な意図は見られない。

個別CGを重要な場面で使い回すのはあまりに残念だ。
特に重要なキスのカットでそれを見た時は、思わず深いため息をついてしまった。



◇作画:
(キャラクターデザイン、原画、塗り)


キャラデは頭身が高く、肩幅も広い。つまり、デフォルメが少ないわけであるが、
その割に顔はアニメ調であり、バランスが崩れて野暮ったい印象を受ける。

とは言え、この辺りは絵描き自身のこだわりの問題でもある為、別段欠点という訳ではない。

ベテランならではの安定感があり、バランスの失した作画はあまり見当たらなかった。
強いて言えば、手が大き過ぎる事がほんの数回あったくらい。

全体的に見れば、高い水準にある事は確かだ。



◆音楽:


ピアノ曲がメインだったろうか。退屈になりがちな序盤に歌を自然に流すのは割と良かった。



◇効果音:


扉を開閉する時の機械音、心音、飲み物を飲む音、シャワーの水音。
その他機械の操作音がいくつか。調理の際の効果音もほんの少し。

数が少なく、質もそれほど良いものではなく、臨場感があまり無いと言える。



◆背景:


特に言及する事は無いが、全体的に質素なものであった。美術的な演出はほぼ皆無。



◇システム:


上ホイールスクロールでのバックログは三行のみ。
全画面表示にするには、システム画面に移行する必要がある為、手間が掛かる。

個別音量調整やテキストボックスの透過調整も無し。



◆他:


特に言う事は無い。



◇結語:


安定した絵以外は、個人的には特に見所は無かった。





[タグ未指定]
  1. 2016/02/24(水) 22:15:24|
  2. ADVゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サクラメントの十二宮 乱れる仔ひつじと手懐く狼 感想/レビュー | ホーム | 星彩のレゾナンス 三周年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/285-b866ef14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。