百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

ドライブガールズ 感想/レビュー

2017-02-02-225510.jpg

前書き:


結論としては、百合好きかどうかに関わらず、
プレイしてもしなくてもどちらでも良いと思われます。

百合的な面の濃度は、『バレットガールズ2』や『オメガラビリンス』と同程度でしょうか。
ただし、メインキャラクターの一人は、割とガチな恋愛感情を抱いているようにも見えます。

上のスクリーンショットで、左から二番目のキャラ(セブン)が右端のキャラ(教官)に好意を寄せています。
潜在的な百合度は十二分に高いので、次回作があれば是非そうした方向を強めて頂きたいところです。

システム面の水準が決して高くはないので、ゲーム性を期待し過ぎてはいけません。

一般的なプレイヤーであれば、2~3時間ほどで技量は十分なレベルに達し、
それ以降の伸び代はほぼ無いと言えるでしょう。

しかし、気軽に楽しめるという点から、ライトユーザーには丁度良いと思います。

10時間程度で、一通りクリア出来る分量です。

ネットでのマルチプレイにおいて、高難易度のミッションがあるので、
それらを含めれば15時間という所でしょうか。(これは一人でも挑戦可能)

シナリオは割と一本調子で、見所はほとんどありません。


以下、「システムについて」以外はネタバレ注意。

百合的な場面について、本稿下部に抜粋しておきました。



シナリオについて:


救急隊員志望の主人公が、才覚を見込まれて戦いに巻き込まれる。
この辺りは「バレガ」とほぼ同じですね。

公式サイトでシナリオ構成の八割程度は見られるので、参考までに。
http://www.bergsala-lightweight.com/vita/drivegirls/story/#outline

シナリオの分量はアニメに換算すると、六話分程度でしょうか。
非常に薄いものとなっております。技巧は全くと言っていいほど見当たらなかったです。



システムについて:


攻略に行き詰ることはほぼ無いとは思いますが、攻略サイトとしては以下がお薦めです。
http://xn--zck9awe6d820vk6qg9be46k.com/kouryakumenyu/29002/


バトルパートについて。


まずロックオンが貧弱。敵が近くにいても、画面内に入っていないとロックオン対象として認識してくれません。

敵が10体以上同時に出現する事も多いので、ロック対象を切り替えている暇がありません。
それにも関わらず、敵の一部はかなりの高速移動をするので、補足するのに苦労します。
こうした相手には攻撃を当てることが難しく、結局は追尾性能の高い銃を使用するか、
スライド幅の大きいジャンプ攻撃(空中で■)を行うことになります。

ゲージを貯めて、必殺技を放つことが可能ですが、素早い相手には当たらないことも多いです。


サブウェポン(銃)はミッションをクリアすることで入手出来ますが、
高レベルの物はネット通信等を利用したマルチプレイミッションを行うことが必要です。
(マルチプレイは一人でも攻略可能です)

お薦めなのは、MISSION1「☆グセグ-α討伐作戦」をクリアすることで手に入る、エネルガンLv3です。
これは追尾性能と威力が高いので、ボスを含めた足の早い敵に有効です。


ステッカー(性能を強化)に関して。

全箇所を同じ種類のステッカーで揃えると、ボーナスが付きます。
入手性を考慮すると、「エネルセット」がお薦めです。

最も良いのは「Drive Girlsセット」ですが、入手した頃には
全てクリア出来るくらいには強くなっているので、使用する機会は少ないでしょう。

「バグズセット」、「オーバーDセット」も優れています。


アイテムに関して。

使用した分は戦闘後に、自動かつ無料で補給されるので、積極的に活用したいところです。
価格の低いものであっても、使用回数の上限が高いので、高額なものを購入しなくても大丈夫です。


アドベンチャーパートのシステムは、基本的に良好です。

音声再生中にバックログを見る、そして通常画面に戻ると、
中断した箇所から音声を再生してくれる、という優れもの。

視聴済みのイベントは全て、アルバムから自由に見ることが出来ます。


以下は欠点について。

装備の反映に際し、ロード時間が長い。(約7秒)
その間は装備画面から抜け出すことも出来ない。

ナビ子だけ口パクをしない。
口パク自体、無くても良いと私は思いますが、どちらかに統一するべきと考えます。
とは言え、いずれアップデートにて改善されるでしょう。

チュートリアルが簡素過ぎて、あまり役に立たない。

地雷が多く、ドライブモード時の爽快感が割と損なわれている。
これを踏むと、強制的に人型形態に戻る。
(ただし、○ボタンで加速すれば、地雷が爆発しても影響を受けない)

リトライが無く、敗北するとメニュー画面に戻され、ロード時間が必要になってしまう。

レースが単調過ぎて面白みに欠ける。

コンボも基本は連打するだけで、指を酷使する仕様。

イベントパートの個別CGが一枚しかない。
ギャラリーからこれを表示することすら出来ません。

アイテムや装備のトレード機能がほぼ無意味。
交換レートが高過ぎて、結局一度も使用しませんでした。



百合的な場面の抜粋:


ギャラクサ加入前後
2017-02-05-032122.jpg

2017-02-03-034745.jpg

2017-02-03-034850.jpg2017-02-03-034854.jpg

2017-02-03-053757.jpg



仲間に擬態した敵が現れ、本人かどうか確認する為に身体検査を行った。
2017-02-05-210327.jpg2017-02-05-210333.jpg




教官に誕生日プレゼントを送ることになって、下着姿を妄想するセブン。
セブンの携わる技術開発において、教官は自らが左遷されることを顧みずに、
凍結されかかった計画を推し進めてくれた為、セブンは教官を深く敬愛している。
2017-02-06-054716.jpg



女王バグズを倒し、束の間の休息を楽しむ一同。
2017-02-06-055909.jpg
2017-02-06-060004.jpg2017-02-06-055953.jpg2017-02-06-061350.jpg2017-02-06-060148.jpg2017-02-06-060151.jpg2017-02-06-060224.jpg2017-02-06-061455.jpg2017-02-06-061423.jpg2017-02-06-061432.jpg2017-02-06-061438.jpg2017-02-06-061446.jpg2017-02-06-061459.jpg2017-02-06-061504.jpg



ギャラクサは身体検査のことを若干根に持っている様子。

2017-02-06-063801.jpg
2017-02-06-063803.jpg2017-02-06-063809.jpg2017-02-06-063816.jpg
2017-02-06-063823.jpg




[タグ未指定]
  1. 2017/02/07(火) 01:30:31|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BLUE REFLECTION 感想/レビュー | ホーム | ねのかみ 京の都とふたりの姫騎士 後編 感想/レビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/331-f6ccce86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。