百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

つうかあ 第十一話 『Blue Flag』 解説 / 感想

WS001636.jpg

つうかあ 第十一話 『Blue Flag』


 構成上のポイント

  ・ ゆりとめぐみのテンションを落とすところまで落とす


 伏線&前振り
  伏線……後になって意図が判明する布石 / 前振り……段階を踏んで繋がりを滑らかにする為の布石

  ・ バーチャル姉妹にゆりとめぐみが初めて同時に会う場所として、眼鏡岩をさりげなく見せている
  ・ 石灰が撒かれていることがクラッシュの少し前に語られる(前振り)



演出など:


WS001028.jpg



WS001267.jpg
走る理由が無くなってしまいました。

WS001270.jpgWS001278.jpgWS001281.jpgWS001282.jpgWS001284.jpg



WS001286.jpgWS001287.jpgWS001288.jpgWS001289.jpgWS001290.jpgWS001291.jpgWS001292.jpgWS001293.jpgWS001294.jpgWS001295.jpg
コーチが婚約してしまい、一応は争いのタネが無くなりました。一時的に昔の関係に戻る二人。
当然諦め切れてはいないので、完全な解決には至っていません。

WS001296.jpgWS001297.jpgWS001298.jpg



WS001299.jpg
WS001300.jpgWS001302.jpgWS001306.jpgWS001307.jpg
この辺りの作画は崩れていますね。
WS001308.jpg
WS001309.jpgWS001310.jpgWS001311.jpg
WS001312.jpgWS001313.jpgWS001315.jpgWS001316.jpg
WS001317.jpgWS001318.jpgWS001319.jpg

(以下、断続的な回想)
WS001321.jpg
WS001322.jpgWS001323.jpgWS001324.jpg

WS001325.jpg

<脚本的演出:出会い> 
WS001326.jpgWS001327.jpgWS001328.jpgWS001329.jpgWS001331.jpgWS001332.jpgWS001333.jpgWS001334.jpgWS001335.jpgWS001336.jpgWS001339.jpgWS001340.jpgWS001341.jpgWS001342.jpgWS001343.jpgWS001344.jpgWS001346.jpgWS001347.jpgWS001348.jpgWS001350.jpg
<作画的演出;所作>
歩み寄っているのはベティの側だけです。ベティはコーチの人間性に惹かれたのでしょうが、
コーチはベティの人間性に惹かれたわけではありません。

ベティ「彼、ドライバーもパッセンジャーもどちらも上手いの」
WS001352.jpg
ベティ「ドライバーのことを良く知っているパッセンジャー」
WS001353.jpg
ベティ「パッセンジャーのことを良く知っているドライバー」
   「だから隣にいるパートナーが何を考えているかすぐに分かる」

WS001354.jpgWS001355.jpg
ベティ「そう、彼は一番私のことを分かってくれる男性」

WS001351.jpg
二人「あっ……」

自分達と同じ、ということですね。

<脚本的演出:真実の発露>
WS001356.jpg
ベティ「私には妹のティナがいるの、あなたをパートナーには出来ないわよ」
WS001357.jpg

棚橋コーチ「構わない、俺のパートナーが見つかるまででいい。
     俺はいつも生きている、今まさに息づいて走っているマシンの近くにいたい」
WS001358.jpg

ベティ「マシンだけ
WS001359.jpg 

棚橋コーチ「もちろん、今まさに走っているレーサーの近くにいたい」
WS001360.jpg

ベティ「クレイジーね」
WS001363.jpg

棚橋コーチ「俺はそういう生き方しか知らない」
WS001364.jpg
WS001365.jpg


ベティ「隣には乗せられないけれど、横にならいていいわよ」
WS001366.jpgWS001367.jpgWS001368.jpg
WS001369.jpgWS001370.jpgWS001371.jpg
WS001373.jpgWS001372.jpgWS001374.jpgWS001375.jpgWS001376.jpg
WS001379.jpgWS001381.jpgWS001382.jpgWS001383.jpgWS001384.jpgWS001385.jpgWS001386.jpgWS001390.jpg
ベティ「どっちがドライバー?」

WS001391.jpg
棚橋コーチ「パッセンジャーだ、二人ともお互いの人生のパッセンジャーだ」

WS001387.jpg
WS001389.jpg
ベティ「それが私達のプロポーズ。あの人は私の人生のパッセンジャー、
   隣にいる私をちゃんと理解してくれる人」

WS001638.jpgWS001393.jpgWS001394.jpgWS001395.jpgWS001396.jpgWS001398.jpgWS001399.jpgWS001400.jpgWS001401.jpgWS001402.jpgWS001403.jpgWS001404.jpg
めぐみ「コーチは優しいんじゃなくて相手に興味が無いだけだから、優しいとは違うんだよね」

WS001405.jpg
<脚本的演出:危機> + <作画的演出:レンズ効果 + 表情>
不意に図星を突かれたベティは、足場がグラつく思いがしたことでしょう。
この場面における危機とは、ベティとコーチの関係がということです。
口ほどに物を言う目をクロースアップで大きく映すことで、その動揺を強調して演出しています。

この辺りの会話は特にリアリズムに満ちていますね。
昔のことですが、美系の男子に好意を寄せている女子が、こんな感じでよく話していました。
ダメ出しばっかりしておきながら、その女子達は本当は彼のファンクラブ的なものまで作っていました。
WS001406.jpgWS001407.jpg
WS001409.jpg
<作画的演出:所作>
徐々に目を閉じていくカットを合い間合い間に挟むことで、侮蔑と怒りを演出。
WS001410.jpgWS001411.jpgWS001412.jpgWS001413.jpgWS001414.jpg
徐々に怒りのボルテージが高まる。
WS001415.jpgWS001416.jpgWS001417.jpgWS001418.jpg
コーチのことと併せて自分の人生も否定され、一線を越えてしまう。
WS001419.jpgWS001420.jpgWS001421.jpgWS001423.jpg

WS001426.jpgWS001428.jpg
WS001429.jpgWS001430.jpgWS001432.jpgWS001433.jpg
<脚本的演出:対決>
女の意地をかけた戦いが始まります。マシンとコースの理解で、ゆりとめぐみに分があります。
恋愛(?)的には不戦敗でしたが、この状況でレーサーとしてまで負けるわけにはいきません。

WS001434.jpg
WS001436.jpg
WS001440.jpgWS001441.jpgWS001442.jpgWS001443.jpgWS001444.jpgWS001445.jpgWS001446.jpgWS001447.jpgWS001449.jpg
WS001450.jpgWS001451.jpgWS001452.jpgWS001453.jpgWS001454.jpgWS001455.jpgWS001456.jpgWS001458.jpgWS001459.jpg
WS001460.jpgWS001461.jpgWS001462.jpgWS001464.jpgWS001465.jpgWS001466.jpgWS001467.jpgWS001469.jpgWS001470.jpgWS001472.jpgWS001473.jpgWS001474.jpgWS001475.jpgWS001476.jpgWS001477.jpgWS001478.jpgWS001479.jpgWS001480.jpgWS001483.jpgWS001484.jpgWS001485.jpgWS001486.jpgWS001487.jpgWS001488.jpgWS001489.jpgWS001490.jpgWS001491.jpgWS001492.jpgWS001493.jpgWS001494.jpgWS001495.jpgWS001496.jpgWS001497.jpgWS001498.jpgWS001499.jpgWS001500.jpgWS001502.jpgWS001505.jpgWS001506.jpg
WS001507.jpgWS001508.jpgWS001510.jpg
<脚本的演出:危機>
レーサーとしても敗北。去り際に応援までされてプライドはズタズタです。




WS001512.jpgWS001513.jpgWS001514.jpgWS001515.jpgWS001531.jpg
WS001532.jpgWS001533.jpg



WS001516.jpg
WS001543.jpgWS001547.jpgWS001548.jpgWS001549.jpgWS001552.jpgWS001553.jpgWS001555.jpgWS001556.jpg
WS001558.jpg
↑これも作画的には要修正ですね。
WS001559.jpg
WS001562.jpg
WS001563.jpg
<脚本的演出:危機> 女としてもレーサーとしても敗北。
WS001564.jpg
WS001568.jpgWS001569.jpgWS001572.jpgWS001575.jpgWS001576.jpgWS001578.jpgWS001579.jpgWS001580.jpgWS001581.jpgWS001582.jpg
WS001584.jpgWS001585.jpgWS001586.jpgWS001587.jpgWS001589.jpgWS001590.jpgWS001591.jpg
WS001593.jpgWS001594.jpgWS001595.jpgWS001596.jpgWS001597.jpgWS001598.jpgWS001599.jpg

WS001601.jpgWS001602.jpgWS001606.jpgWS001607.jpgWS001608.jpgWS001611.jpgWS001612.jpgWS001613.jpgWS001615.jpgWS001616.jpgWS001617.jpgWS001619.jpgWS001620.jpgWS001621.jpgWS001622.jpgWS001623.jpgWS001626.jpgWS001628.jpgWS001630.jpgWS001631.jpgWS001632.jpgWS001633.jpgWS001634.jpgWS001635.jpgWS001636.jpgWS001637.jpg
<脚本的演出:危機>
精神的な危機が身体的危機を招きました。
また、石灰が撒き過ぎだと少し前に軽く前振りとして扱われていました。



感想:


 バーベキューの時に、くろすがクロスカウンターって二回も言ってるのに、
 誰もツッコミを入れないのが気になって気になって仕方ありませんでした。あえて視聴者にツッコミを譲ったのでしょう。

 一気に物語が動き出しました。この第十一話は、決勝レースへ向けての前哨戦として
 バーチャル姉妹と対決する展開になった事に驚かされました。


 さて、全体について少し話をしておきましょう。個人的にそう思えただけで、実際にそうなのかは分かりませんが。
 第八話以降は、回想などがあっても割と直線的な構成で正直言って退屈でした。(無論、無意味なシャッフルはいけませんが)
 第九話からは演出的にあまり面白みがありませんでした。ごく普通の作品という印象です。

 第九~十一話までは、女の子どうしの絆がほとんど描かれていない為、
 だんだんとなんで自分はこの作品を視聴しているんだろう……という気持ちになりました。
 
 ですが、第七話までが完璧であったが為に落差を感じただけで、別に悪いというほどではありません。
 それに第八話は短いですが良いお話でしたし。

 第十二話は個人的にラストシーンはさておき、他の部分は概ね素晴らしい内容でした。




作品解説
第一話 『Exhibition』 解説 / 感想
第二話 『Shakedown』 解説 / 感想
第三話 『Practise』 解説 / 感想
第四話 『Swap Meat』 解説 / 感想
第五話 『Reverse Grid』 解説 / 感想
第六話 『Dual Purpose』 解説 / 感想
第七話 『Side by Side』 解説 / 感想
第八話 『Engage』 解説 / 感想
第九話 『Mad Saturday』 解説 / 感想
第十話 『Replay Log Data』 解説 / 感想
第十二話 『Ladies, Start Your Engines!』 解説 / 感想


[タグ未指定]
  1. 2018/03/15(木) 07:56:29|
  2. つうかあ
  3. | コメント:0
<<つうかあ 第十話 『Replay Log Data』 解説 / 感想 | ホーム | つうかあ 第十二話 『Ladies, Start Your Engines!』 解説 / 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。