百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

つうかあ 第八話 『Engage』 解説 / 感想

WS000862.jpg

つうかあ 第八話 『Engage』
 

 構成上のポイント

  ・ ニーラーに乗らない多くの視聴者に対して、当事者でなくても楽しめるということを、
   実況解説ペアの馴れ初めなどを通じてそれとなく描く
   (あるいは実況と解説のつうかあぶりにライターが惹かれて描きたくなったのかも知れません)
  ・ 第九話も含め、作品を締めにかかる前にテンションを緩める (作画を休ませている可能性も)


 伏線&前振り
  伏線……後になって意図が判明する布石 / 前振り……段階を踏んで繋がりを滑らかにする為の布石

  ・ ゆりとめぐみは小さい頃からニーラーに乗る事に憧れていた。
  ・ ニーラー乗りたちを眺めるあいちゃんのカットを度々挿入している



演出など:


WS000645.jpgWS000025.jpg
ねね「私、板垣ねね、よろしくね」

WS000026_20180312073415d2e.jpg
あい「……知ってる」

WS000027.jpg
ねね「本当?!」

WS000028_20180312073408bc7.jpg
あい「同じクラスだから」

WS000029_20180312073409dd8.jpg
ねね「そうだよねー!」

WS000033.jpg
あい「あい……」

WS000032_2018031207341240e.jpg
ねね「うん?」

WS000030.jpg
あい「蒔田あい」

WS000034_201803120742342c9.jpg
ねね「知ってるよ!おんなじクラスだもの」

WS000035_201803120744562d2.jpg
あい「……意外」

WS000036_20180312074457488.jpg
ねね「そう?」


WS000037_201803120747200c8.jpgWS000038_20180312074721c01.jpg
あい「私……目立たないから」

WS000653.jpg
ねね「そんなことないよ、可愛いもん」

WS000654.jpg
<脚本的演出: 出会い / 愛情>
何人いるのかは判りませんが、クラスメイト達の中からお互いの存在に気づいているという点に運命を感じます。



WS000041_20180312075404fbc.jpg
意外におねだり上手なねねちゃん。あいちゃんのことをナチュラルに
可愛いとか言っちゃう辺り、少し小悪魔的な魅力があります。
WS000662.jpg
WS000807.jpgWS000809.jpgWS000663.jpgWS000665.jpgWS000805.jpg
<作画的演出: 色 / レンズ効果 / 象徴 (光=憧れ)>
フレアやゴーストによって、光の強さが感じられます。ここでの光は憧れを演出しています。色も演出的な色遣いですね。

WS000656.jpgWS000811.jpg
<作画的演出:レンズ効果>
玉ボケと、クロスフィルターによる光条が綺麗ですね。憧れが感じられます。ナイスおpp……ゴホンッ!



WS000660.jpgWS000808.jpgWS000813.jpgWS000815.jpgWS000042_20180312075953056.jpg



WS000812.jpgWS000814.jpgWS000816.jpg

はつねと洋子の関係にも注目です。
WS000819.jpgWS000820.jpg

WS000821.jpgWS000822.jpg
自分達は飲めないお酒を楽しむ人達を見て楽しむ、
これはニーラーに乗れないけど乗っている人達を見て楽しむ事に類比的です。
WS000043_20180312080635556.jpgWS000044.jpg



WS000824.jpgWS000825.jpgWS000826.jpgWS000827.jpgWS000829.jpgWS000830.jpg
WS000831.jpgWS000832.jpg

WS000833.jpg
WS000835.jpgWS000836.jpgWS000837.jpg
WS000838.jpg
WS000827.jpgWS000829.jpgWS000830.jpg
WS000841.jpg
WS000842.jpgWS000843.jpg
WS000844.jpgWS000845.jpgWS000848.jpg
WS000849.jpgWS000851.jpgWS000852.jpgWS000854.jpgWS000856.jpgWS000857.jpgWS000860.jpgWS000863.jpgWS000864.jpgWS000867.jpgWS000868.jpgWS000869.jpg

WS000046_20180312081357ff3.jpgWS000047.jpg



WS000048_20180312081359160.jpgWS000049_20180312081401bef.jpgWS000051_20180312081402751.jpg

WS000050_20180312081808a54.jpgWS000052.jpgWS000053.jpg

WS000056.jpg
WS000055_2018031208181317c.jpg
WS000054_20180312081811335.jpg

WS000058_20180312082158650.jpg
WS000664.jpg

WS000855.jpgWS000858.jpgWS000859.jpg
WS000874.jpgWS000881.jpgWS000880.jpg

WS000883.jpg
WS000884.jpgWS000885.jpg
WS000886.jpgWS000862.jpg
WS000887.jpgWS000865.jpgWS000866.jpgWS000875.jpgWS000889.jpgWS000891.jpgWS000893.jpg
あいちゃんが本当に求めていたものは、ニーラーに乗ることではなく、友達だったということかも知れません。



<脚本的演出: 危機 / 対決 / 愛情 / 真実の劇的発露 / 和解> + <作画的演出: 表情 / 所作 / レンズ効果 / 象徴>
WS000895.jpgWS000896.jpgWS000894.jpgWS000899.jpg
洋子「えーっ?私はこんなに愛してるのにー?」
WS000900.jpgWS000659.jpgWS000850.jpgWS000853.jpgWS000861.jpgWS000870.jpgWS000876.jpgWS000905.jpg
WS000906.jpgWS000907.jpgWS000908.jpg
WS000909.jpgWS000877.jpgWS000878.jpgWS000879.jpgWS000888.jpg
WS000890.jpgWS000897.jpgWS000898.jpgWS001007.jpg
WS000928.jpgWS000930.jpgWS000932.jpgWS000933.jpgWS000934.jpgWS000944.jpgWS000945.jpgWS000947.jpgWS000949.jpgWS000950.jpgWS000956.jpgWS000958.jpgWS000959.jpgWS000961.jpgWS000964.jpgWS000965.jpgWS000966.jpgWS000967.jpgWS000969.jpgWS000973.jpgWS000975.jpgWS000977.jpgWS000979.jpgWS000981.jpgWS000983.jpg



感想:


 これまでと違ってそれほど濃厚ではないものの、とても爽やかで良いお話でした。

 ちなみに私の頭の中では、二か所ほどMADにしたら笑えるな~なんて考えが浮かんでました。
 一つ目は、あいちゃんがニーラーに乗ろうとして転がるシーンで、
 いずみの「ふっ……ドンくさっ(笑)」を挿入。我ながら酷い発想です。
 二つ目は、あいちゃんとねねちゃんが、ニーラーに乗れるか乗れないかの話をしている時に
 みさきによる全力の「やりたきゃやれよ!」を挿入。今これを読んでいる方が少しでも笑って下さっていれば幸いです。

 私も創作関係で色々と思うところがあるので、あいちゃんとねねちゃんのやりとりは妙に刺さるところです。

 あいちゃんは子供の頃は体が弱かったということですが、今は乗ろうと思えばおそらく乗れる状況にあります。
 その上で実況をやっているので、妥協ではなく自らの意思で選んだのだということが理解されます。

 次の第九話以降は、演出的な魅力がレース部分に注がれている為、
 百合的には、精神に訴えかけるようなものは決勝レースの和解からゴールまでだけでした。
 無論、私には感じられない何かがあったのかも知れませんが。




作品解説
第一話 『Exhibition』 解説 / 感想
第二話 『Shakedown』 解説 / 感想
第三話 『Practise』 解説 / 感想
第四話 『Swap Meat』 解説 / 感想
第五話 『Reverse Grid』 解説 / 感想
第六話 『Dual Purpose』 解説 / 感想
第七話 『Side by Side』 解説 / 感想
第九話 『Mad Saturday』 解説 / 感想
第十話 『Replay Log Data』 解説 / 感想
第十一話 『Blue Flag』 解説 / 感想
第十二話 『Ladies, Start Your Engines!』 解説 / 感想


[タグ未指定]
  1. 2018/03/15(木) 07:57:07|
  2. つうかあ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つうかあ 第七話 『Side by Side』 解説 / 感想 | ホーム | つうかあ 第九話 『Mad Saturday』 解説 / 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/372-4c08c28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。