百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

つうかあ 第七話 『Side by Side』 解説 / 感想

WS000766.jpg

つうかあ 第七話 『Side by Side』


 構成上のポイント


  ・ まりあとゆりあの核心を描く
  ・ まりあとゆりあのあるべき関係を描く
  ・ 清涼剤としてギャグを多めにする
  ・ 事故の後に説教がましくならないように、一瞬だけ強く叱った後は直ぐにギャグで笑い飛ばす
  ・ 最終話でのゆりとめぐみの逆転勝利を必然たらしめる伏線の配置


 伏線&前振り
  伏線……後になって意図が判明する布石 / 前振り……段階を踏んで繋がりを滑らかにする為の布石

  ・ 突然の三人乗りで、打ち合わせも無しに難所のコーナリングを完璧なまでに処理するゆりとめぐみ
  ・ めぐみが過去の話をそれとなくしている (これは最終話の回想でも使われました)



演出など:


<作画的演出:不均衡(遠近)> 広角気味のパースで、手前にいるゆりあが大きく視えます。
WS000001_201803120145268bf.jpgWS000002.jpg

<脚本的演出:危機> 二人の関係がということです。
+ {<作画的演出:衣装> = <構成:小道具>}
短くなっても、子供時代のように髪留めは付けられるはずです。これによって更なる不均衡が生じています。
髪型が小道具であるのは言うまでもありません。
WS000547.jpg



<作画的演出:不均衡(表情 + 所作)>
誰かを心配する時、これまでゆりとめぐみの表情はほぼ同じでしたが、
今回はまりあとゆりあのズレを象徴するかのように二人の表情や所作も割と異なっています。

WS000551.jpg



WS000552.jpg
WS000553.jpg



<作画的演出:不均衡(アングル)>
WS000003_2018031201452853f.jpg



<脚本的演出:危機> 二人の関係がということです。
WS000555.jpgWS000556.jpgWS000557.jpg
<作画的演出:不均衡(遠近)> 広角気味のパースで、手前にいるまりあが大きく視えます。

WS000559.jpg
WS000560.jpg



<作画的演出:不均衡(アングル)> ただし、このフレームとアングルは、他の回では特に意図が無い場合にも用いています。
WS000004_20180312021818ce8.jpg
WS000008_20180312021819e78.jpg
<構成;小道具>
コンテの切り方による構成も、脚本における構成の一つとして個人的には扱っています。
高根カーブをさりげなく視聴者の意識に刷り込んでいます。



WS000561.jpg



WS000562.jpg
<作画的演出:象徴 (ボロボロのマシン = まりあとゆりあの関係)>  ※ 本作限定の同一関係です
WS000563.jpg
WS000565.jpg



<作画的演出:不均衡>
斜めの天井を横から見せることで、均衡が崩れています。不安定さを演出。
次のカットからは一部、大きさ(遠近)の均衡も崩れています。
WS000600.jpg
WS000601.jpgWS000602.jpgWS000604.jpgWS000605.jpgWS000606.jpgWS000607.jpgWS000608.jpgWS000609.jpgWS000610.jpgWS000611.jpg

<脚本的演出:真実の劇的発露>
WS000613.jpgWS000614.jpgWS000589_20180216084456b7f.jpgWS000615.jpgWS000616.jpgWS000009_20180312021820fe4.jpgWS000010_20180312021826120.jpgWS000011_20180312021827c8c.jpgWS000618.jpgWS000619.jpgWS000620.jpgWS000621.jpgWS000622.jpgWS000623.jpgWS000624.jpgWS000625.jpgWS000626.jpgWS000627.jpgWS000628.jpgWS000629.jpgWS000630.jpgWS000631.jpgWS000632.jpgWS000633.jpgWS000634.jpgWS000635.jpgWS000636.jpgWS000637.jpg
WS000638.jpgWS000639.jpgWS000640.jpg
<作画的演出: 衣装 + 色 + 対比>
“男の子”と言っていましたが、実際は青年でありそれなりに個性が確立された大人の男性です。
先にも述べましたが、ここでは無個性を象徴する白との対比となっています。ワンピースも幼い印象を与えています。

この男性は当て馬として役割を果たしているので、百合的には無害です。
外見以外の情報から、二人が別人だと判断することは可能ですが、区別が出来てしまえば恋に発展しかねない為
男性の描写はこの程度にとどめているのだということが理解されます。
なぎさが絡まれたレディース事件もそうですが、脇役に余計な情報を付与する必要はありません。
WS000641.jpgWS000642.jpgWS000643.jpgWS000644.jpgWS000646.jpgWS000647.jpgWS000648.jpgWS000650.jpgWS000666.jpgWS000012_201803120218298ed.jpgWS000013_20180312021830e80.jpg

<脚本的演出:危機 + 対決> 

WS000669.jpg
WS000670.jpgWS000671.jpgWS000672.jpgWS000673.jpgWS000674.jpgWS000676.jpgWS000677.jpgWS000678.jpgWS000679.jpgWS000680.jpgWS000682.jpgWS000683.jpgWS000685.jpgWS000686.jpgWS000687.jpgWS000688.jpgWS000689.jpgWS000014_201803120218228f0.jpgWS000691.jpgWS000692.jpgWS000693.jpgWS000694.jpg
WS000016_2018031202182349a.jpg
<構成:前振り>
三人乗りという突然のアクシデントにも関わらず、コーナリングに対応し切るゆりとめぐみ。
この応用力も最終話での逆転勝利における要因の一つです。

WS000696.jpg
WS000697.jpgWS000698.jpg
WS000017_201803120218243c7.jpgWS000699.jpgWS000700.jpgWS000701.jpgWS000702.jpgWS000703.jpgWS000704.jpgWS000705.jpgWS000706.jpgWS000707.jpgWS000708.jpgWS000714.jpgWS000715.jpgWS000716.jpgWS000717.jpgWS000719.jpgWS000720.jpgWS000721.jpgWS000722.jpgWS000723.jpgWS000724.jpgWS000725.jpgWS000726.jpgWS000727.jpg
WS000728.jpgWS000730.jpgWS000731.jpgWS000732.jpgWS000733_20180216091719d07.jpg
めぐみ「あ~リアブレーキ擦ってディスクが過熱したんだ、ドライバーに慣れてないとやっちゃうことあるの」
<構成:前振り>
最終話で、二人が初心者の時にゆりがやってしまいました。

WS000734.jpg
WS000735.jpgWS000737.jpg
WS000739.jpg
<脚本的演出:愛情>
ここでは友人としての愛が込められたビンタ。アンジュではアゲハがマユカに、紗夜と天音がステラに、
ナイアがアインスに。本作ではなぎさといずみが、ゆりとめぐみが互いにしていました。ビンタはもはや伝統です。
WS000740.jpgWS000741.jpgWS000742.jpgWS000744.jpgWS000746.jpg
WS000747.jpgWS000748.jpgWS000749.jpgWS000750.jpgWS000751.jpgWS000752.jpgWS000753.jpgWS000754.jpgWS000755.jpgWS000756.jpgWS000757.jpgWS000758.jpgWS000759.jpgWS000760.jpgWS000761.jpgWS000762.jpgWS000763.jpgWS000764.jpg
ギャグっぽくしてカムフラージュしていますが、ゆりとめぐみの言葉は
無理に二人が異なる人間になろうとしなくても善いのだという事を間接的に示しています。
<脚本的演出:和解>



WS000765.jpg
WS000766.jpgWS000770.jpgWS000771.jpgWS000772.jpgWS000773.jpgWS000774.jpgWS000775.jpgWS000776.jpgWS000777.jpgWS000778.jpgWS000779.jpgWS000780.jpgWS000781.jpgWS000783.jpg
<作画的演出 : 背景 / 記号 / 象徴(日の出=再生)>
失恋の際は夕方で太陽は沈んでいきましたが、
日の出によって二人の関係に再生がもたらされた事を象徴しています。
マシンはまたも傷ついていますが、太陽の光を強く反射していて、最初のクラッシュ後よりも輝きを放っています。



WS000784.jpgWS000786.jpgWS000787.jpg
WS000788.jpgWS000789.jpgWS000790.jpgWS000791.jpgWS000792.jpgWS000793.jpg
<作画的演出:均衡  / 記号 / 象徴(絡み合った指=愛情)>
これまでの箇所では、繋がれていたのは片手だけです。
両手を絡ませることで、他の人間が二人の間に入り込む余地がないほどに
繋がったのだということを演出しています。



WS000795.jpgWS000796.jpgWS000799.jpgWS000800.jpgWS000801.jpgWS000802.jpgWS000803.jpgWS000804.jpg
<構成:小道具> + <脚本的演出:和解> + <作画的演出:構図 / 記号>
前の第六話ラストでのカットと同じ場所同じ構図です。記号的に用いることで違いが浮き彫りとなります。
難所を乗り越えることで、二人の関係が理想的なものになった(戻った)事を演出しています。
言葉による表面的な和解ではなく、アクションでそれを示すことが大切です。




感想:


 他者からの影響もあるとはいえ、元々一つであったものが別れるべきではないとして、
 二人の関係は描かれました。
 
 二人が一つになってしまっては互いを愛せないという、『アンジュ・ヴィエルジュ』の
 カレンとセニアへのアンチテーゼにも思えます。
 いや、そうではありませんね。一つであってもなくても互いを愛せるということでしょう。

 第四話の回想でコーチが語った通り、“お前達はお前達の関係を築け”という言葉が響いてきます。




作品解説
第一話 『Exhibition』 解説 / 感想
第二話 『Shakedown』 解説 / 感想
第三話 『Practise』 解説 / 感想
第四話 『Swap Meat』 解説 / 感想
第五話 『Reverse Grid』 解説 / 感想
第六話 『Dual Purpose』 解説 / 感想
第八話 『Engage』 解説 / 感想
第九話 『Mad Saturday』 解説 / 感想
第十話 『Replay Log Data』 解説 / 感想
第十一話 『Blue Flag』 解説 / 感想
第十二話 『Ladies, Start Your Engines!』 解説 / 感想


[タグ未指定]
  1. 2018/03/15(木) 07:57:28|
  2. つうかあ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つうかあ 第六話 『Dual Purpose』 解説 / 感想 | ホーム | つうかあ 第八話 『Engage』 解説 / 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/373-1e226431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。