百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-

サイト移転しました

聖ミカエル女子学園 開校

聖ミカエル女子学園 開校:

 http://mikajyo.pink/

 青文字三部作 詳細レビュー(まずはここを参照)

 以下の文では苦言を呈するようで心苦しいが、
 これはシリーズに対して心より心配している為。「その花」を貶めるつもりは毛頭無い。

300_pcwall.jpg

2000_pcwall.jpg
 (以下の文章を書いたのは、下の画像がアップされる以前の事)

 このキャラデ(上の画像)は正直どうなんだろう? 一般的な同人レベルといって差し支えない。

 青文字シリーズの惨憺(さんたん)たる前例がある以上、
 シナリオと演出が突出した出来栄えでない限り、人の心を掴む事は出来ないだろう。
 このままでは、手抜きに気が付き始めたファンが戻る事はない。

 また仮に新規のファンを獲得したとしても、右肩下がりな内容では定着してくれる事はない。

 もちろん、今回も作品の出来不出来は、実際にプレイしてみないと分からない。

 百合作品だけで三つのラインを持つことになるが、
 現状、ディレクターにクオリティコントロールの能力が欠如していて、
 構成を練り、粗を潰し、品質を高めることが出来ていない。

 赤文字シリーズにおける、ぺこ氏の絵が際立っていて声優にも全く問題は無いが、
 他は三文芝居に低品質な音楽と背景で、著しくアンバランスだ。

 一般に百合作品はあまり売れないから、妥協も必要になることが極めて多いが、
 昨今の「その花」は、シナリオやテキストに情熱が感じられないのが何よりも残念。
 スクリプト演出やシステム面を軽視する事も目立ってきた。(※一)

 また近年のドラマCDの乱発を始めとする、粗製乱造の兆しを見逃してはならない。

 様子見と決め込むか、一作だけでも手を出してみるか、判断が分かれる所だ。

 「その花」の品質は、百合ゲームの世界におけるある種の指標と言える。(※二)
 百合作品の顧客層は、作り込んでも違いが分からないからと、
 制作側が手を抜く事が一般的になってもらっては困る。

 大袈裟ではあるかもしれないが、
 その日が来た時、百合というジャンルは死を迎える事になる。

 八年間の長きに渡って、百合ゲームを作り続けてきた事には、
 ファンならば誰もが感謝している。どうか初心を忘れないで頂きたい。



 ※注釈一:
  スクリプトに関しては、画面の切り替えや、全体を映す為に用いられるティルトアップ等を、
  システムは「あなたに誓う愛」での同人仕様を考慮したもの。
  システムだけ同人時代に退行していて他の素材は流用している為、槍玉に挙げる事となった。
       
 ※注釈二:
  リ○ウムトライアングル等を念頭に置いた記述。


作画比較


2000_pcwall.jpg
 (以下の文章もまた、上の画像がアップされる以前のもの)

 まずは、以下の二つを見て頂きたい。

500_pcwall_20180914051608449.jpg300_pcwall_20180914051607e70.jpg


 今回、ぺこ氏の絵はいつも以上に力の入った仕上がりだと思うので、
 比較するのは酷だが、その分を差し引いて考えるように願う。

 新キャラはまず眼の瞳孔と、虹彩に相当する部分がデフォルメして癒着している。
 言い換えれば、二つに分かれた虹彩部分と呼ぶか、
 あるいは一つの虹彩部分と一つの大きくて薄い瞳孔と呼ぶべき物となっている。

 つまり、小さくてハッキリとした瞳孔が描かれていない。ハイライトも角度によらずほぼ正円。

 当然デフォルメ具合は絵描き次第だが、例えば笛氏も今はハッキリ描き分けている。

 新キャラは上まつ毛が横方向のみで、重なりがあまり表現出来ていない。
 付言するが、目尻のそれはここでは無関係。

 上に挙げた、個人的に違和感の覚える箇所を、ぺこ氏は全てクリアしている。
 同じく私感ではあるが、ぺこ氏の描く眼は宝石、新キャラのそれはビー玉に見える。

 耳の描き込みもぺこ氏は程良いデフォルメ具合で、いくつかの部分に分けている。
 耳輪(耳の外側のライン)が、璃紗は美しい有機的な五角形に近い形状だが、新キャラは単なる楕円状に近い。

 耳輪内の線の描き込みは、新キャラは一本だけ、
 璃紗のは四本~六本(切れ目をカウントするかどうか)。

 さらに続けて、耳における影付けの濃淡の諧調数は、新キャラは三つ。璃紗は七つ。

 こうした細かい数字の正しさは描いた(塗った)本人にしか分からないが、
 素人目に見ても、ぺこ氏の絵は細部にまでバランス良く手が行き届いている。

 青文字の時もそうだったが、耳について、会田氏は三作目におけるタイトル画面ではデフォルメが過剰で簡素、
 一作目二作目のタイトル画面及び個別CGでは、リアル路線過ぎて、極端に走っていた。
 今回は個別CGではない為、本編ではどうなるか、とりあえず判断は保留という事になる。

 次に唇について。

 美夜は唇の下に僅かに影付けが見られ立体感が生じ、
 下唇はほんのりと桜色がかった肌色が大変美しい。璃紗の下唇にも僅かにこの塗りが見える。
 これは表情にもよる為、ぺこ氏の絵であっても描かれないことはある。

 唇のハイライトは両者共に見られるが、オレンジ系の髪の娘にはそれが無い。

 最後に、以下で主に会田氏の絵柄についての所見を述べる。

 この短期間の間に別の絵柄をそれなりに修めた会田氏には、プロ意識を感じる。
 青文字においては、パーツ毎のデフォルメ具合と描き込みにバラつきがあったものの、
 個人的に骨格や筋肉に違和感を覚えた箇所は無かった。

 現段階では服の下までは見えないので、新作ではそのバラつき具合が払拭されているかどうかを注視したい。
 広角パースについては先の詳細レビューにて記載。

 一つの絵柄を追及し続けた姿を見たかったという気持ちもある。
 青文字も継続する以上、二つの絵柄をほとんど完全に描き分けられるのか、
 互いに干渉することになるのかは、今後明らかになるだろう。

 青文字における会田氏の体の描き方は、アダルトアニメに見られる様な官能美がある。特に三作目に顕著。
 この点が上述した期待だが、「その花」を名乗らず別ラインで出せば良かったという気持ちは強い。
 言うまでもなく、氏の絵は青文字三部作では常に向上が見られる。

 氏の新規キャラに対してどうにも違和感を覚えたのは、
 この短期間の間に自分の中に無い借り物の絵柄で、
 新ブランドのイメージに合せたからだと筆者には思える。

 上にも挙げた通り、これによって体のデフォルメ具合が大きくなると思うが、
 顔に合せてどうバランスを取ってくるかに注目したい。

 現段階では同人作品か何かの様に見えるが、青文字三部作での向上し続けた前例が、
 氏の今後の成長について前向きな期待を抱かせてくれる。



モニター環境について:


 色や階調は使用するモニターやグラフィックスカード等にも依存するが、
 NECの2690WUXi2とNVIDIA GTS250を使用。
 各電源は絶縁されている、キャリブレーションは初期設定のまま。



記事の推敲について:


 以下に、本論評の推敲課程を書き記しておく。
 11/04に掲示板にて記事URLが貼られ、人が流入した為、新たに作画比較を行った。

  第一稿:制作に対する諫言 10/31
  第二稿:ジャンルに対する忠言 11/01
  第三稿:作画比較 11/5
  第四稿:会田氏の絵について 11/6

 これを以って決定稿とする。




追記:2015/03/19


 以下で、現状の作画を確認した。

 その花びらにくちづけを にゅーじぇねっ!






[タグ] 新作関連
  1. 2014/10/31(金) 05:36:24|
  2. コラム他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ESOTERIC MG-20 | ホーム | Tannoy Autograph mini>>

コメント

百合好き様

またもコメントありがとうございます。

私見ですが(逐一予防線を張るのは申し訳ない、これは素人故の柔弱さです)、
春恋における添い寝と屋上でのお楽しみ中に、広角パース(手前が大きく奥が小さく映る)
が用いられている点は、実際と違った作画演出と捉えられます。

それぞれ個別CGの5枚目、14枚目にあたります。

パーツ毎による、デフォルメ具合や描き込みにバラつきが見られる点以外は、
個人的には違和感を感じませんでした。
バランスを損なっていたと思う箇所は、先日に詳細レビューにて記述した通りです。

こういった受け取り方の違いも、人さまざまですね。
日常的に見る事の出来る裸身というのは自分の身体ぐらいなもので、
視点の位置には限界があり、体つきには個人差がある。

その上、デフォルメや絵柄も描き手による好みがあります。受け取る方も同じです。

実際の身体については、折に触れて解剖図を眺めるのが色々役に立つかもしれません。
個別のデフォルメについてはモニターで拡大するのも良いです。
デフォルメ全体のバランスは、キャラの等身大抱き枕カバーを見るのもお薦めです。

実際の裸身観察や、デフォルメを含めたそれぞれの描き方については、
絵描きの仕事であると考えている為、私が踏み込むのはここまでです。

専門家でも無いのに講釈じみていた事には気が引けるのですが、
これは私なりの精一杯の誠意です。

お気を悪くされていなければ、またいつでもいらして下さい。
  1. 2014/11/07(金) 08:41:00 |
  2. URL |
  3. 月桂樹 #-
  4. [ 編集 ]

記事にちょっと加筆なさってたんですね。お疲れ様です。

雑誌記事にもありましたが、新キャラの絵って青文字系の人だったんですね。
青文字系の時は、普通に描いたにしてはあまりに歪んだ絵だったので、
そういう個性の画風なのだろうと良い方向に解釈できなくもありませんでした。

しかし今回はギャルゲー絵として標準的な体形になったために、
ごまかしが効かずに純粋な画力が出てしまった印象です。
まるで何かのポーズ集でも見ながらぎこちなく描いたような感じ。

私は管理人さんのように細部の検証をする能力はありませんが、
素人のパッと見でもなんとも形容しがたい違和感を感じる絵です。
なんだか骨格レベル、空間レベルでおかしいような・・・
  1. 2014/11/05(水) 07:10:13 |
  2. URL |
  3. 百合好き #-
  4. [ 編集 ]

yrgski 様

誠実なお言葉ありがとうございます。

どうやら掲示板にこのブログのアドレスを載せられた方がいる様で、
そこからの流入が目立っています。

お気持ちを害された方もいらっしゃる様ですが、
同じ日に同じ事を考える事が出来たのは、若干嬉しくもあります。

さて、本題に戻ります。

最近ブログを始めたばかりの私と違い、長らく百合ブログを続けてこられた諸先輩方は、
自身のブログにファンの方々が大勢ついているのだと存じます。
またそうした方達の期待に応えるのは大変な事だと思います。

このブログには、身軽である事くらいしか取り柄は無いかもしれませんが、
今後とも変わる事はないでしょう。

掲示板の方を鎮静化して下さっている方も見られます。

ここでのコメントを中心として、そうした行動の一つ一つが励みになります。

この度は誠にありがとうございました。
  1. 2014/11/04(火) 19:51:44 |
  2. URL |
  3. 月桂樹 #-
  4. [ 編集 ]

私も百合ブログやってて「その花」は1作目からずっと取り上げてきたけど、
正直最近はあまりの粗悪さに苦痛を感じるようになってきた。

信者さん達の反発が怖いから内心では駄作だと思ってても書けないけどね。
ぶっちゃけると、嘘でも褒めておかないとアフィ(嫌いならごめんね)が売れないっていう事情もある。
酷い出来であることにとっくに気づきつつも、私と同じような感じでハッキリ言えない百合レビュアー多いと思う。

どうせだからはっきり言ってしまえば、シリーズ当初から決して出来は良くなかった。
ジャンルが百合ゲーであること自体が魅力の9割で、あとは絵が可愛い程度。
その他の要素は当時の水準で見ても底辺だったと思う。
でもあくまで同人っていうハードルの低さと、今後への期待を込めて好意的な評価をしやすい土壌があった。
問題はその頃からいっさいの進歩が無いこと。

青文字系に至ってはもう褒める点が見つからない。
バランスの狂った人体。日本語すらおぼつかないテキスト。
創作初心者がやりがちな失敗をありったけつめこんだような支離滅裂なストーリー。
演技以前に台詞をまともに読むことすらできていない役者たち。

作っている途中で誰かが止めないのか不思議でならない。
こんな出来なのに、ラジオでは出演者やスタッフが自身満々のコメントをし、
お互いの仕事を称賛しあっていた。
ユーザーが商品として最低限求めるレベルと、製作側がこれでいいと思っているレベルに著しい隔たりがあることが伺える。

製作側でクオリティーコントロールできないなら、ユーザー側が全力で止めてあげるべきだった。
でも新シリーズで青文字系の原画・シナリオライターが続投しているあたり、
スタッフの中では青文字系は好評だったことになっているのだろう。
もう遅いのかもしれない。


こんなこと言いつつ、私もブログでは無理やり褒め続けるんだろうけどね。
信者の人とかけっこう怖いのよ。あまりにアレなコメントは管理者側で削除してるから表に出ないだけ。
心にもないベタ褒めを続けた結果、青文字系がウチのアフィ経由だけでもう30本くらい売れちゃった。
アフィ経由せずに実店舗で買った人もいることを考慮すれば実被害はもっとか。
ウチのレビュー信じて買っちゃった人たち、ごめんね。
ウチが弱小でまだよかった。

このブログは正直なままでいてください。
全員とは言わないけどあなたと同じような感想抱いているユーザーは相当いると思うよ。
  1. 2014/11/04(火) 12:27:10 |
  2. URL |
  3. yrgski #-
  4. [ 編集 ]

百合好き 様

ご丁寧なコメントありがとうございます。

お恥ずかしながら、本ブログを立ち上げて以来、
書き込みを頂けたのは初めてです。

以前、Amazonで青文字の長文レビューを
掲載しようかどうか迷っていた時期がありました。

その際に先んじて矢面に立たれた方がおりまして、
シリーズに対しての真摯なる叱咤激励を目にし、勇気を頂きました。

紆余曲折を経て、Amazonにおける長文レビューは撤去し、
ブログを立ち上げる事になりました。

信者というのは多かれ少なかれ盲目的ですが、
その信頼に応える事をせず、胡坐をかき始めたメーカーには、
もっと自覚を持って頂きたい所です。

重ね重ねありがとうございました。
それでは失礼致します。
  1. 2014/10/31(金) 19:15:07 |
  2. URL |
  3. 月桂樹 #-
  4. [ 編集 ]

検索サイトから来た通りすがりですが、非常に共感できるご意見だったのでコメントさせていただきます。私も「その花」の現状に強い危機感を抱いています。

絵も音楽も文字通りの同人クオリティなうえに、フルプライス化した後も平気で使い回しばかり。シナリオも単調かつワンパターンでお世辞にも面白いとは言い難い。システムも10年前のPCゲームの水準にすら満たないレベル。声優は当初こそ無名ながらも一応の演技ができる人を揃えていましたが、青文字系からは素人以下ではないかと思える悲惨なレベルの人達まで平気で使うようになりました。

百合ゲーの体裁さえ保っておけば出来がどれだけ悪くても百合信者が持ち上げてくれる現状があるのは事実ですが、このメーカーはそれに寄りかかりすぎなように思います。悲惨な出来に目をつむって持ち上げ続ける信者と、それを鵜呑みにして「なぁんだ、こんなんでも十分好評ならさらに手を抜いてもいいよね」となるメーカーの悪循環。今回の大風呂敷を見る限り、べつに資金難なわけでもなく純粋に手抜きなのでしょう。

これは程度の差こそあれ百合業界全般にある傾向なように思います。実際には百合だからという一点で百合好きに持ち上げられていただけの作品が、シナリオが良かったのだろうと誤解され、そのライターが他の百合作品にも呼ばれて本来のひっっっっどい文章力を晒す、という事例もありました。百合というだけで称賛一色になってしまい、誰も悪い点を指摘しないので、何が良くて何が悪かったのか客観的にわからなくなっている。

百合好きだからこんなこと言いたくないですが、たとえ百合でもつまらんものはつまらんとハッキリ言ってやるべきなのではないかと思うようになりました。そんな中で率直な意見を語っていらっしゃったこのブログに感心し、コメントさせていただきました。私としては、この記事にある程度の批判に耐え、乗り越えていく程度のクオリティアップがなければ百合というジャンルに未来はないと思っています。

長文失礼しました。
  1. 2014/10/31(金) 08:39:42 |
  2. URL |
  3. 百合好き #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimesis37.blog.fc2.com/tb.php/98-ff7eccf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

月桂樹

Author:月桂樹
◆サイト移転のお知らせ◆

http://www.yurigame.net/


大変お手数をお掛けしますが
ブックマークの変更など
よろしくお願い致します。




よるのないくに2:
楽しむコツ
・一周目は障害物を無視
・〃好きな武器を使用
・アップデートを適用
・サイドストーリーを
DLCで購入

ヴァルキリードライヴ:
楽しむコツ
デフォルトのペアで
クリアランクSSを取り、
初回からオーダールート
に入ること。
対象ステージはDrive
01~04、12~16
詳細は攻略サイトへ

星彩のレゾナンス:
楽しむコツ
初回に奈岐ルートに入り
プレイ意欲を確立する。
下級生ルートは流し読みで。
ゲームパッド使用推奨。
アクションはガードで
キャンセル可能

最新記事

カテゴリ

更新一覧 (6)
ADVゲーム (35)
ゲーム (18)
新作関連 (16)
コラム他 (23)
オーディオ (6)
星彩のレゾナンス (4)
つうかあ (14)

星彩のレゾナンス公式

星彩のレゾナンス考察

http://www.resonator.jp/

ヴァルキリードライヴ考察

http://www.mana-inagawa.info/

連絡先

laurel32237@gmail.com

サイト内検索

<注意>

本サイト内で用いた
“百合好き”の語は
筆者の想定する層
を指している為、
読者諸氏が必ずしも
そこに含まれる
とは限りません。
“百合”の意味する所も
個人差がありますので
ご注意されるよう願います。

レビュー内にはいくらか
造語を用いています。
留意しておいて下さい。

解説やレビューは
筆者の主観であり
絶対的なものという
わけではありません。

ミスがあっても
気付かずに放置する
こともあります。

示した見解は、
記事を書き上げた
当時のものであり、
現在とは異なる
場合もあります。

整合性を取る為には
記事を全て見直す
必要がありますが、
その為に使う時間が
ありません。
全体の95%が
正しい記述となればいい
くらいの気持ちで
書いています。

当ブログは、
PCからのアクセスを
前提としたサイト作りに
なっています。